ファイブロキシン

ファイブロキシンとは、インドに自生するヴォスウェリアラータという木から抽出した成分で100%が使用されています。
アーユルヴェーダでも古くから使われており、ひざの痛みに働きかける成分です。
関節のクッションの働きをする軟骨成分の一つにグルコサミン、軟骨を丈夫にする働きがあるコンドロイチンがありますが、ファイブロキシンは関節の痛みや不快感に働きかける成分です。

どれも関節痛にいい似た感じの成分ですが、それぞれ違う働きを持っています。
これらの成分を合わせて摂ることで、よりよい働きをするのです。
生産地のインドでは昔から関節炎や香料、化粧品に使用されてきました。

関節痛に有効な成分はグルコサミン、コンドロイチン、ファイブロキシン、iha、ヒアルロン酸、CBPなどがありこれらの成分を一緒に摂ることで効果はさらによくなります。

ファイブロキシンの効果・効能

膝関節の痛み
炎症のもととなるロイコトリエンを合成する酵素の生成を、ファイブロキシンは防いでくれるため。

相乗効果がある成分

ファイブロキシンを含む食べ物
なし(ボスウェリアセラータの樹脂のみ)
1日に必要な摂取量(男性)
100mg
1日に必要な摂取量(女性)
100mg

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース