アセチルコリン

アセチルコリンは脳内で神経細胞から神経細胞へ情報を伝える神経伝達物質の一種です。

副交感神経、運動神経の刺激を伝達して血管の拡張や心拍数の低下、さらに消化機能亢進や発汗などを促す作用があります。

筋肉の収縮を促進させるほか、学習や記憶、睡眠、目覚めなどにも深く関わっている物質です。

アセチルコリンが不足すると、認知障害などの症状が起こることが確認されています。

アセチルコリンの効果・効能

アルツハイマー病の予防
アセチルコリンは、数ある神経伝達物質の中でもたいへん重要なものです。アルツハイマー病の人の脳は、アセチルコリンの活性が低いことがわかっています。
自律神経を整える作用
アセチルコリンは、副交感神経の制御をしています。自律神経である交感神経と副交感神経のバランスを良好に保つために、アドレナリンとアセチルコリンはどちらも必要なのです。
便秘の改善
アセチルコリンは、腸の蠕動運動を活発化させます。結腸性便秘の改善するためにアセチルコリンの摂取は有効です。
更年期障害の改善
アセチルコリンが副交感神経を優位にし、心身をリラックスさせます。自律神経のバランスが整うことで、更年期障害の症状の緩和が期待できます。

相乗効果がある成分

アセチルコリンを含む食べ物
卵黄
レバー
大豆
たけのこ
ひまわりの種
山芋
1日に必要な摂取量(男性)
500mg
1日に必要な摂取量(女性)
420mg(妊娠中は450mg)

アセチルコリンの副作用

過剰摂取により下痢や嘔吐、胃腸障害などが起こることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース