アシドフィルス菌

アシドフィルス菌は人間の腸内、口腔、生殖器などに存在する乳酸菌の一種です。

特に初乳に多く含まれており、棒状の乳酸桿菌に分類されます。

腸内で乳酸を産生することによって善玉菌が働きやすい酸性の環境を作り、腸内環境を整えます。

このアシドフィルス菌は熱や酸に強く外部からの摂取でも生きたまま腸に到達できる乳酸菌で、生存率はおよそ70%となっています。

また酸素がある環境下でも生きられるることから、ヨーグルトなどの乳製品にも使用されています。

アシドフィルス菌の効果・効能

腸内環境を整える
アシドフィルス菌が腸内に入ると糖から乳酸を作り出して腸内の環境を酸性に整える働きがあるため。
免疫力向上
腸内環境を整える事ができるため。
口臭予防
腸内の環境を酸性に保つ働きがあるため。
胃炎、胃潰瘍の予防
胃潰瘍の原因菌「ヘリコバクター・ピロリ菌」に対し、強力な殺菌作用を持っているため。

相乗効果がある成分

アシドフィルス菌を含む食べ物
アシドフィルス菌入り乳酸菌飲料
サプリメント
1日に必要な摂取量(男性)
ヨーグルト1日200g
1日に必要な摂取量(女性)
ヨーグルト1日200g

アシドフィルス菌の副作用

アスタキサンチンは、ほかのカロテノイド類と同時に大量摂取すると競合するため、アスタキサンチンの吸収を低下させる可能性があります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース