アミノ酸

人間、動物すべての体内に存在している成分です。
タンパク質の生成になくてはならない成分で、人間の身体で働いているアミノ酸はおよそ20種類あります。
そのうちの9種類は体内で生成することが出来ないアミノ酸で、体外から摂りいれてやることが必要です。

アミノ酸には一つ一つの働きがあり、筋肉に働くバリン、ロイシン、イソロイシン、眠りに働くグリシン、うまみ成分であるグルタミン酸などです。

アミノ酸スコアといって一つの成分だけをとっても、ほかのアミノ酸とのバランスがとれていなければ筋肉を生成することができません。
それぞれのアミノ酸が一定量でなければならないのです。
食材によって含まれているアミノ酸が決まっているので、不足している分をほかの食材で補うことが必要です。

アミノ酸の効果・効能

筋肉疲労を予防して回復
疲労原因の乳酸の発生を抑える効果、そして「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」に筋肉疲労を防いで回復するため。
スキンケア効果
肌の水分を保つ働きやハリを生み出す効果があるため。
リラックス
脳内の興奮状態を鎮めて心を落ち着かせる効果があるため。

相乗効果がある成分

アミノ酸を含む食べ物
牛乳

肉類
魚介類
1日に必要な摂取量(男性)
1日およそ70g
1日に必要な摂取量(女性)
1日およそ55g

アミノ酸が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース