アントシアニン

アントシアニンは、主にブルーベリーなどの青紫色の色素に含まれている成分です。
抗酸化作用のあるポリフェノールの一種であり、これは目の保護や疲れにいいとされており、パソコンやスマホなどで目を酷使しやすい現代人には最適ともいえる成分なのです。

「ポリフェノール」は紫外線、そしてウイルスなどの外敵から自分を守るために植物が作り出した成分で、アントシアニンは「アントシアニジン」と「糖」でつくられ、抗酸化力がとても強いものになのです。

このアントシアニンには、人間でいうと「メラニン」の役割を果たし、植物が紫外線などの有害な光のダメージから自分の体を守るという働きを持っており、 紫外線が入ることを防いで細胞が傷がつかないように守っています。

アントシアニンの効果・効能

眼精疲労や視力低下の予防や改善
ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、ロドプシンの再合成を促す働きがあり、眼精疲労の回復に効果があります。
アレルギーを抑える
ヒスタミン抑制効果あるため。
ピントフリーズ
長時間、同じ距離にピントを合わせていると毛様体筋が緊張して一時的に水晶体の厚みを調節できなくなってしまいます。アントシアニンは、この毛様体筋の緊張を和らげる働きを持っているのです。
白内障、緑内障
アントシアニンは活性酸素を抑える強い抗酸化力を持つので、この抗酸化の働きにより「白内障」「緑内障」の進行を緩やかにする効果があります。
メタボリックシンドローム
アントシアニンは目に良いだけではなく、内臓脂肪の蓄積を抑える働きがあります。
アンチエイジング
老化現象には体内に蓄積された余分な活性酸素が大きく関わっており、アントシアニンの強い抗酸化力が、老化予防に効果があるといわれています。さらに皮膚の弾力、そして水分を保つたんぱく質の「コラーゲン」を安定させる効果もあります。
高血圧
アントシアニンには血圧の上昇を抑える作用もあります。
その他
アントシアニンは、毛細血管を保護する、肝機能の改善、抗潰瘍作用、抗炎症作用 などの体に良い効果があるのです。

相乗効果がある成分

アントシアニンを含む食べ物
ブルーベリー
ビルベリー
なす
黒豆
紫サツマイモ
カシス
1日に必要な摂取量(男性)
40mg~90mg程度
1日に必要な摂取量(女性)
40mg~90mg程度

加齢になると白内障や緑内障になるリスクが高まりますが、アントシアニンによって症状が改善したという実験結果が出ていますので、予防のためにも進んで摂取したほうが良い成分ということです。
また眼精疲労や眼の機能改善に役立つだけではなく、花粉症などのアレルギーや肥満予防にも効果があるといわれています。

花粉の症状というのはヒスタミンが増加することで症状が発症します。
アントシアニンはこのヒスタミンを抑制させることができるため、花粉症の症状が和らぐことが可能なのです。
それからアントシアニンは内臓に脂肪がつくのを抑制する作用があるので、生活習慣病の予防にも効果があります。

アントシアニンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース