明日葉

若葉を摘んでも明日にはまた伸びているといわれるほど成長が早くて生命力が強いため、「明日葉」という名前が付けられたセリ科の植物です。

日本原産の野菜で、葉と茎を食用とし、セリ科特有の香りのほのかな苦味が特徴で、おひたしや鍋物、天ぷらなどの料理に使用されます。

中国では朝鮮人参の代わりとして、枯れる前に掘った明日葉の根っこを使っています。

明日葉にはカルコンというフラボノイドが含まれており、このカルコンには血糖値を下げたり、内臓脂肪を減らす働きがあります。

ダイエットに有効な成分として、青汁などに配合されています。

明日葉の効果・効能

動脈硬化の予防
明日葉が持つ「カルコン」と呼ばれるフラボノイドが、内臓脂肪を減少させるため。
高血圧の予防
明日葉に含まれる「カリウム」が、余分なナトリウムを体外に排除するため。
糖尿病の予防
カルコンに内臓脂肪を減少させるほかに、前駆脂肪細胞から成熟脂肪細胞への文化を誘導する働きがあるため。
便秘を解消
食物繊維やビタミンB1、ビタミンCが含まれているため便秘を解消します。
骨粗しょう症の予防
明日葉を摂取することで、骨形成たんぱく質-2(BMP-2)の産生を促すため。
認知症を改善
神経成長因子の産生を促す働きがあるため。
むくみを改善
明日葉に含まれる「クマリン」と「テオリン」に利尿作用があるため。
美肌効果
β-カロテンが豊富に含まれているため。

相乗効果がある成分

明日葉を含む食べ物
青汁
サプリメント
1日に必要な摂取量(男性)
およそ50g(生葉の場合)
1日に必要な摂取量(女性)
およそ50g(生葉の場合)

明日葉が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース