アスパラギン酸

アスパラギン酸はアスパラガスに多く含まれているアミノ酸の一種で、うま味を持っていることからさまざまな食品に含まれています。

体内でのエネルギー生成を促したり、疲労回復、毒性を持つアンモニアを体外に排出する働きがあるだけではなく、カリウムやマグネシウムなどのミネラルを細胞に運び込む働きもあります。

中枢神経で働く興奮形の神経伝達物質で、大脳皮質、笑納、脊髄に存在しており、水にやや溶けにくい性質があります。

アスパラギン酸の効果・効能

疲労回復
アスパラギン酸はクエン酸回路に働きかけて疲労のもとになる乳酸の分解を促すため。
体調を整える
アスパラギン酸が人間の体液のバランスを整えるため。
アンモニアの解毒
アスパラギン酸にはアンモニアを排出する働きがあり、肝臓の負担を減らすことができるため。
スキンケア
肌の新陳代謝を促して保湿できるため。

相乗効果がある成分

アスパラギン酸を含む食べ物
アスパラガス
大豆もやし
牛肉、鶏肉、豚肉
さとうきび
1日に必要な摂取量(男性)
50g
1日に必要な摂取量(女性)
40g
1日に必要な摂取量(男女共通)
(アルギニン酸としての摂取量はなく、いずれもたんぱく質として)

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース