アスペルロシド

杜仲茶には、アスペルロシドという成分が含まれています。

肝臓で作られる胆汁酸は脂肪分解酵素の働きを促進し、脂肪を乳化する働きを持っています。

肉食に偏ると生産量が少なくなる胆汁酸ですが、アスペルロシドには胆汁酸を作り出す働きがあります。

アスペルロシドには筋肉量を増加させる作用もあり、積極的に摂取することで胆汁酸の分泌を増やし代謝をアップさせ、脂肪燃焼につなげていくことができます。

アスペルロシドの効果・効能

肥満の予防
胆汁酸の分泌が増えることで、脂質の代謝が高まります。体内の脂肪のエネルギーへの変換をスムーズにし、肥満を予防する効果があります。
基礎代謝の向上
アスペルロシドには、年齢とともに落ちていく基礎代謝を上げる効果が期待できます。肝臓や筋肉、褐色脂肪細胞に働きかけ、それぞれの部位での基礎代謝を高めます。

相乗効果がある成分

アスペルロシドを含む食べ物
杜仲茶
1日に必要な摂取量(男性)
杜仲茶を500ミリリットルのペットボトルおよそ4本分
1日に必要な摂取量(女性)
杜仲茶を500ミリリットルのペットボトルおよそ4本分

アスペルロシドの副作用

特になし

アスペルロシドが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース