アスタキサンチン

アスタキサンチンは別名「海のカロテノイド」と呼ばれている赤色の天然色素。

カロテノイドとは、天然に存在する色素のことで、600種類以上あり、アスタキサンチンはその一種です。
アスタキサンチンは自然界に広く分布していてサケ、いくら、カニ、エビ、マダイのような、甲殻類や魚などに多く含まれています。

このアスタキサンチンは、ビタミンEの約1,000倍ともいわれる抗酸化力を持っています。
さらに、栄養の行き届きにくい脳内や目などに入り込むことができるアスタキサンチンは、細かい部分で抗酸化作用を発揮することができます。

アスタキサンチンの効果・効能

眼精疲労の軽減
アスタキサンチンはほかの成分が入りにくい目の中に入っていき、ピントを合わせる調整力と、目の疲れを解消してくれるため。
眼疾患の予防
ブドウ膜炎、斑変性症や、緑内障などの炎症を抑える効果が確認されているため。
動脈硬化の予防、血管老化の防止
アスタキサンチンは脂質の酸化を抑える働きに優れ、血液中の脂質異常を防ぐことで血管の老化を抑制してくれるため。 さらに必要以上に発生した活性酸素の発生を抑えて除去するため。
メタボリックシンドロームの予防
身体の脂肪分が優先的に燃焼されるため、基礎代謝が上がるため。
美肌、美白の効果
紫外線を浴びるとメラニンが過剰に増えてしまいますが、それを抑制する効果があるため。 そして抑制することで、できてしまったシミを薄くし、これからできるシミやシワを予防することができる。
筋肉疲労の軽減
運動によって発生した活性酸素を抑制し、中でも筋組織の末梢性疲労を軽減することができるため、疲労回復にも効果が期待できる。
免疫力向上
活性酸素を減少させることができるため、体内環境が整うため。 体内の物質が本来の働きをすることができるようになり、免疫力が高まる。
脳の老化予防
アスタキサンチンは脳神経系に直接作用することができ、神経細胞を強力な抗酸化作用で守ることで、脳の衰えを防ぐ効果や、自律神経のバランスを整える効果があるため。

相乗効果がある成分

アスタキサンチンを含む食べ物
サケ
いくら
かに
エビ
ヘマトコッカス藻
1日に必要な摂取量(男性)
6mg
1日に必要な摂取量(女性)
6mg

アスタキサンチンは血管を柔軟にして血液をサラサラにする効果も持っています。

この効果は血行を促し、またコレステロールが酸化されるのを防ぐことで悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変換するのです。
その結果、血管障害といわれる高血圧や動脈硬化などの対策、予防に効果があるとされています。

さらに活性酸素を除去するということは、免疫機能を向上させるということにも繋がるのです。
つまり風邪の予防やがん細胞をも減少させる効果を生み出しています。

また脳細胞に働きかけ活性酸素を抑える効果があり、これは認知症などの改善、予防に効果があるのではと期待が集まっているんですよ。

アスタキサンチンの高い抗酸化作用は、ほかにも腎臓や肝臓などさまざまな内臓の機能を正常化し、さらにその機能を向上させる効果を持っています。

ちなみに、カニやエビに含まれているアスタキサンチンは、生きている時にはたんぱく質と結合しているため、くすんだ色をしているものの、加熱をすることによって、たんぱく質とアスタキサンチンが分離して、本来持っている鮮やかな赤色に変わります。

アスタキサンチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース