ビルベリー

ブルーベリーの一種で、果実はおよそ7cm、果肉は柔らかくてつぶやれすく強い酸味があります。白夜のある北極圏で育つため、紫外線に抵抗する成分がたいへん多いのが特徴です。

ビルベリーの果実や葉は食用や薬として古くから人々の生活に大きく関わっており、北米ではジャムやジュース、シロップ漬けなどにして利用されています。

果実は小粒でありながら、色素が内部までしっかり詰まっており、目にいい「アントシアニン」がブルーベリー類の中で最も多く含まれています。仕事による目の酷使や、ブルーライトなどよる損傷などへの効果が期待されています。

ビルベリーの効果・効能

視機能を改善
豊富に含まれるアントシアニンが、網膜にあるロドプシンの再合成を促して目のしょぼつきやぼやけ、かすみを予防・改善します。
血流改善作用
アントシアニンがビタミンP様の働きをし、血液中の成分の血小板の凝固を押さえます。血液がサラサラになり、血管にかかる負担を軽減します。
メタボリックシンドロームの予防
研究により、内臓脂肪の蓄積や生活習慣病をアントシアニンが防ぐことが分かっています。継続的な摂取により、メタボリックシンドロームの予防につながります。
腸内環境を整える作用
ビルベリーの果実には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」が含まれます。摂取により有害物質や老廃物の排出を促し、腸内環境を整えます。
活性酸素を除去する作用
アントシアニンには強い抗酸化作用があります。細胞を老化させる活性酸素を抑え、若々しい体作りをサポートします。

相乗効果がある成分

ビルベリーを含む食べ物
ビルベリー
1日に必要な摂取量(男女共通)
アントシアニン量として120mg~250mg

ビルベリーの副作用

過剰摂取により胃腸の不調が現れることがあります。

ビルベリーが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース