ビオチン

ビオチンは、私たち人間の腸内で善玉菌より合成されるビタミンB群の一種で、エネルギー代謝を助けて皮膚、粘膜の健康を維持するなど、私たち人間が健康に過ごすために必要な栄養素です。

体内では肝臓、腎臓、筋肉、乳腺、消化管に多く存在しており、アミノ酸や脂質の分解、そして代謝を助ける働きを持っています。

また、水溶性ビタミンで水に溶けやすい性質を持っており、過剰に摂取しても素早く体外に排出されるため、過剰症を起こすことはありません。

ビオチンの効果・効能

アトピー性皮膚炎の改善
アレルギー物質が人体に侵入すると「ヒスタミン」が放出され皮膚の炎症を起こしますが、この「ヒスタミン」を体外に排泄する作用があるため。
掌蹠膿庖症(しょうせきのうほうしょう)の改善
血中のビオチン濃度が低いため起こる症状ですが、ビオチンの補給により症状が改善された例が多く報告されている。
美しい肌づくり
皮膚基底細胞の下部にある「毛細血管」を太くして血液の流れを良よくし、皮膚の再生力をたかめることができるため。
細胞の活発化、老廃物の排泄の促進、皮膚の機能を正常に保つ効果
疲労感、筋肉痛の予防
激しく身体を動かしたあと、そしてブドウ糖の代謝の際に発生する乳酸は蓄積されると筋肉痛を発症しますが、ビオチンは乳酸を分解してブドウ糖に再生するため。
糖尿病の緩和
糖の代謝を促すために血糖値が低下するため。
脱毛予防、健康な毛髪づくり

相乗効果がある成分

ビオチンを含む食べ物
牛レバー
大豆
豚レバー
1日に必要な摂取量(男性)
50μg
1日に必要な摂取量(女性)
50μg

ビオチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース