ゴーヤ

ゴーヤとは別名にがうりで、主に沖縄や九州の南部の方で生産されているものですが、今は日本全国で販売されるようになりました。
沖縄の人は心臓病や癌、糖尿病での死亡率は低く、100歳以上の人口が全国平均のおよそ3倍です。
この長寿にはゴーヤとの関係が深いと考えられています。

現在確認されているゴーヤの種類は10種類以上あります。
にがうりの名前の通り、苦みがあるのが特徴で、炒め物や酢の物などで食べられることが多い食物です。
ゴーヤの旬は夏なので、夏バテ防止のためにゴーヤをすりおろしたり、リンゴジュースとミキサーで混ぜて飲まれることも多いです。

ゴーヤにはフラボノイド系のポリフェノールを含んでおり、ビタミンCの含有量も多くβカロテンも含まれています。
ゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強い特性を持っているので、炒めることでβカロテンの吸収率も上がります。
ゴーヤは糖尿病や動脈硬化、高血圧を予防する働きがあり、美肌にもいい食べ物です。

ゴーヤの効果・効能

糖尿病を予防
1-デオキシノジリマイシンが糖分の吸収を穏やかにするため。
便秘を改善
1-デオキシノジリマイシンによって吸収抑制された血糖が腸内で別処理されるため便秘を解消します。
ダイエット、メタボリックシンドロームの効果
1-デオキシノジリマイシンがインスリンの分泌を抑えるため。
二日酔いを予防
桑の葉に含まれる「γ-アミノ酪酸」が肝機能を高めるため。

相乗効果がある成分

ゴーヤを含む食べ物
青汁
お茶
サプリメント
1日に必要な摂取量(男性)
およそ1.8g(臨床試験で使用された量)
1日に必要な摂取量(女性)
およそ1.8g(臨床試験で使用された量)

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース