黒にんにく

黒にんにくは、にんにくの一種ではなく、温度と湿度を一定に保ち、生にんにくを自然発酵させたものになります。
添加物などはなにも加えず、アミノ酸と糖の化学変化によって真っ黒になるのです。

熟成をして黒くなったにんにくは糖度が増え、まるでドライフルーツのような食感になり、しかも製造過程において、科学的な食品添加物は一切使用してません。

生のにんにくに比べ、黒にんにくは刺激がマイルドになり胃の弱い方でも食べやすくなっています。

S-アリルシステイン、遊離アミノ酸、ポリフェノールなどを豊富に含んでいます。

黒にんにくの効果・効能

コレステロール値や中性脂肪を下げる
抗酸化力が強く、悪玉コレステロールが酸化するのを防ぎます。それだけではなく、血行不良を改善するための「血液サラサラ効果」「血管拡張作用」がありますので、血液循環をよくします。
老化防止
発酵して作られる黒にんにくには、低分子の抗酸化物質が多く含まれているため。
免疫力向上
生のにんにくに比べ、強い殺菌力、抗殺力をもっているため。がんの発症や転移を抑えたり、血中コレステロールや血圧、血糖上昇を抑えたり、さらに抗菌、抗ウイルス、抗アレルギーなどの作用もあります。
疲労回復、滋養強壮
黒にんにくに含まれている豊富なミネラルやアミノ酸が、元気な体づくりをサポートします。
生活習慣病の予防
生活習慣病のひとつである「高血圧」は血液の流れが妨げられることにより、血液のポンプの心臓の力が強くなることから起こります。黒にんにくが持つ血液や血管に働く作用によって、高血圧予防ができます。
美肌効果
シミ、シワの原因である活性酸素を除去する働きが普通のにんにくよりも優れています。黒にんにくには新陳代謝を向上させることができる成分、豊富なミネラルなどが含まれており、これらの成分が美しい肌をつくるのに適しています。

相乗効果がある成分

黒にんにくを含む食べ物
サプリメント
黒にんにく
1日に必要な摂取量(男性)
1日に1~2片
1日に必要な摂取量(女性)
1日に1~2片

にんにくには、アリシン、スコルジニン、有機ゲルマニウム、セレニウム、アリチアミンなどの成分が多く含まれています。

この中の「アリシン」は抗菌作用を持つ物質で、アリシンを加熱することによりできる「アホエン」という物質ができます。
この物質には「抗血栓作用」「コレステロールを抑える作用」があります。
しかし、このにんにくを料理に使用したとしても、たくさんのにんにくを摂取することは難しいです。
ところが黒にんにくは「発酵」「熟成」によって気になるにおいや辛みがなく、効果も高まります。

そして普通のにんにくと黒にんにくの大きな違いの1つに、においがあります。
においの元である「硫黄化合物」が大幅に減り、独特のにおいが少なくなります。

そしてにんにくを熟成して黒にんにくになることによって「s-アリルシステイン」という成分が生成されます。

この「s-アリルシステイン」は、にんにくにはない黒にんにく特有のもので強力な抗酸化作用があり、水溶性なので腸からの吸収率が良い成分で、強力な抗酸化作用により動脈硬化の予防や改善だけではなく、悪玉コレステロールを減らすことを助けてくれます。

また、赤ワインに含まれており、抗酸化作用で有名な成分の「ポリフェノール」が黒にんにくになることによって含有の割合が増え、その量は普通のにんにくのおよそ5倍から10倍にもります。

さらに私たちが生きていくために欠かせない栄養素のひとつに「アミノ酸」がありますが、黒にんにくには普通のにんにくのおよそ1.5倍もの遊離アミノ酸が含まれています。

例えば筋肉トレーニングやジョギングなどといった運動をする際に黒にんにくを摂取しておくと、トレーニング効果がさらに高まるのです。

黒にんにくが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース