黒コショウ(バイオペリン)

コショウにはいくつかの種類があります。代表的なものはブラックペッパー・ホワイトペッパー・ピンクペッパ・、グリーンペッパーなどです。

元々は同じコショウですが、製法が異なることから種類が分けられています。黒コショウはコショウの実を皮ごと乾燥させたもので、辛みが刺激的で肉料理などに好まれています。

コショウに含まれる代表的な成分は辛みの元であるピペリンで、抗酸化作用や防腐作用、抗菌作用があります。

またエネルギーの代謝を上げる作用、血管を広げ栄養素を余すことなく隅々まで運ぶ作用もあります。

黒コショウ(バイオペリン)の効果・効能

血流量を増やし、体を温める効果
黒コショウに含まれるピペリンは代謝を促し、一時的な体温上昇をもたらします。比較的穏やかに効果が表れるため、安全性が高く継続的に摂取しても問題ありません。
鎮痛・鎮痙効果
血行を良くして筋肉などの痛みやけいれんをを和らげる効果があります。黒コショウを使った痛み取りの自然療法も古くから存在しています。
腸の蠕動(ぜんとう)運動を促進
民間療法として黒コショウは整腸薬として利用されてきました。腸を刺激し、たまったガスを排出する効果があります。
退役循環の促進・毒素の排出
黒コショウには循環する血液や体液を活性化させる作用があります。それにより老廃物を排出する機能が高まり、デトックスが進みます。
殺菌消毒作用
黒コショウの成分ピペリンには抗菌作用があり、冷蔵庫がなかった時代には、黒コショウを用いて食料を長期保存していた地域がありました。
疲労回復作用
黒コショウに含まれるアルカロイドには、食品の栄養素の吸収を促進する作用があります。黒コショウと一緒に調理することで、より多くの栄養素をとりいれることができ、疲労回復に役立ちます。

相乗効果がある成分

黒コショウ(バイオペリン)を含む食べ物
コショウ
1日に必要な摂取量(男女共通)
50mg(ピペリンとしての摂取量)

黒コショウ(バイオペリン)の副作用

過剰摂取により味覚に異常が出たり、胃部の不快感などの症状が現れることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース