黒酢

米に小麦、または大麦を加えたもののみを原料とし、酢1リットルに対して180g以上の原料を使い、発酵や熟成により自然に褐色、もしくは黒褐色したものです。
この定義は2003年に農林水産省によって黒酢のJAS規格が設けられました。

黒酢は穀物酢の一種で、使用する原料で「米黒酢」と「大麦黒酢」に大きく分けられます。
米(玄米)を使用したのが「米黒酢」、大麦を使用したのが「大麦黒酢」になります。

熟成期間に黒褐色に変化をするのは食酢の中でも群を抜いてアミノ酸が含まれているためで、このアミノ酸が食品の加工や貯蔵の時に褐変反応を起こして黒褐色に変化します。

黒酢の効果・効能

疲労回復
黒酢に含まれる「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」が運動する際のエネルギー源として働くため。また黒酢には「BCAA」と呼ばれる筋肉を構成する重要なアミノ酸が多く含まれています。
血流を改善
黒酢に含まれるアミノ酸やクエン酸が血液の循環を改善するため。
栄養の吸収を促進
黒酢は他の食事と一緒に摂ることで、他の栄養素の体内への吸収量を増やす働きがあります。黒酢に含まれているクエン酸がカルシウムが吸収されやすい状態を作り出してカルシウムの体内吸収量を増やします。
尿酸値を下げる
黒酢に含まれるクエン酸には尿酸値を下げる効果があり、痛風や尿酸結石、そして腎障害や動脈硬化などを予防できます。
肝機能を高める
黒酢に含まれている必須アミノ酸には、肝機能を高める効果があり、体内に入ったアルコールの代謝を速めて分解を促し、肝臓への負担を減らしてくれます。
高血圧を予防
黒酢には血圧を上昇させる「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」を阻害する物質が含まれ、黒酢を摂取するということは高血圧の予防にもつながります。
免疫力を向上
免疫力が弱まると病気にかかりやすくなったり病気が治りにくくなりますが、黒酢に含まれるアミノ酸がエネルギー源になり、病気に抵抗する免疫細胞が増え、免疫力を高める事ができます。
美肌効果
黒酢には肌に良い成分がバランスよく含まれていて、クエン酸による「キレート作用」という働きはアンチエイジングに有効となっています。
ダイエット効果
黒酢に含まれているクエン酸は体内のエネルギーを効率よく燃焼する働きを持ち、これによって基礎代謝が活発になり、さらに脂肪燃焼しやすい状態になってダイエットの効果が得られます。

相乗効果がある成分

黒酢を含む食べ物
サプリメント
黒酢
1日に必要な摂取量(男性)
15cc~30cc
1日に必要な摂取量(女性)
15cc~30cc

黒酢の副作用

体にとても良い黒酢は、酸性なので原液のままで飲むと胃などの消化器官に大きな負担がかかってしまいます。

・適量を守る
黒酢の摂取量の目安は1日で15cc~30ccで、合計をして30ccを超えないようにすることが大切です。
例えば毎食後に黒酢を飲むのであれば、10ccを3回に分けて飲むなどの工夫をしましょう。
・薄めて飲む
黒酢は10倍ほどに薄めて飲むようにすることがおすすめです。
・空腹時を避ける
例えば朝起きてすぐなどといった空腹時や食前などを避けて、食後や食事を摂りながら飲むことをおすすめします。

黒酢の成分量は原材料や製造方法、そして熟成期間により変わります。
1.必須アミノ酸

黒酢が注目されるようになったのがこの必須アミノ酸です。

体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸のうち、黒酢には
・トリプトファン
・リジン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・バリン
・トレオニン
・ロイシン
・イソロイシン
・ヒスチジン
の8種類が含まれています。

2.酢酸
黒酢の主成分が酢酸で、これは人間の体内に入るとクエン酸になり、疲労の原因となる乳酸を分解します。
その他に黒酢には「リンゴ酸」「コハク酸」「フマル酸」などの有機酸が含まれ、腸内環境を整えたりカルシウムの吸収を助ける働きをします。

3.ビタミンB群、ミネラル
ビタミンBは体の健康維持や代謝の働きを促しますが体内に蓄積できず、毎日食事から摂取しなりません。
そしてミネラルは5大栄養素のうちの1つで、ミネラルも食事から取り込まなければならない栄養素の1つです。

酢と黒酢は、製造法と原料が違い、米酢は精米、黒酢は玄米、または大麦が原材料となり、さらに米酢は原料となる蒸した精米をホーローやステンレスなどの金属容器の中で発酵させておよそ4か月という短期間で完成させますが、黒酢はじっくりと長い時間をかけて発酵・熟成されます。

長時間熟成された証拠に、アミノ酸が豊富に含まれ色やコク、そしてまろやかな香りとともに酢のうま味を凝縮させ、この香りとコクが黒酢の特徴となります。
壺の中に原材料を仕込んで自然の環境のもと1年から3年という長い熟成期間を経て完成させるという黒酢の伝統的な製造方法は現代でも行われています。

【美肌効果】
黒酢に含まれている「チロシン」「トリプトファン」が成長ホルモンの分泌を促し、肌にシワができにくくなります。また、「アスパラギン」と「アスパラギン酸」はエネルギーの生産効率をスムーズにし、細胞の生まれ変わりであるターンオーバーの働きをスムーズにします。
そして「システイン」はシミの原因になるメラニン色素の沈着を防ぎ、「グリシン」は保湿作用や抗酸化作用があります。
さらに「セリン」は潤いを保つ天然保湿因子の主成分になり、「リジン」は体の組織の修復を促します。

黒酢が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース