青大豆

見た目は枝豆とほぼ同じですが、熟した後の状態が違います。

枝豆は熟すと黄色い大豆になりますが、青大豆は熟しても青いままです。

油分が少なくて糖分が多いだけではなく風味豊かで甘味が強く、低脂肪でおいしく味わえます。

青大豆は通常の大豆とは違い、さやが全部絡まっており機械を使った収穫ができないため、収穫は手作業で行います。

病気に弱く栽培が難しいため、決まった産地はとくにありません。

青大豆の効果・効能

熱を取り去り解毒する効果
漢方薬としても使われている緑豆には、体内に停滞している熱を取る作用があります。また腫れを消して解毒する効果も持っています。
利尿作用
緑豆には体内の余分な水分と一緒に、ナトリウムの排出を促す作用があります。上にあげた解熱・解毒作用とこの利尿作用で、夏場の熱のこもりやむくみに効果があります。
便秘の解消
緑豆には豊富な食物繊維が含まれているため、便秘の解消に役立ちます。豆自体の味がよいため、おいしく食べながら便秘予防ができます。
美肌効果
緑豆はビタミンEやオリゴ糖も豊富に含んでいます。細胞の老化を防ぎ、シミやシワなどのお肌トラブルを体の内側から改善してくれます。

相乗効果がある成分

青大豆を含む食べ物
青大豆
1日に必要な摂取量(男性)
76g~100g以上
1日に必要な摂取量(女性)
76g~100g以上

青大豆の副作用

緑豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン様の作用があります。持病のある人は摂取前に医師に相談しましょう。

青大豆が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース