カフェイン

カフェインとはコーヒー豆やカカオの実、茶葉などに含まれるアルカロイドです。アルカロイドとは植物に存在する苦み成分で、覚醒や利尿作用があります。

栄養ドリンクやコーラなどにも含まれており、解熱鎮痛作用もあるため風邪薬や解熱鎮痛剤などにも使われています。

また血管拡張作用があるため血行をよくし、心臓の機能を強くさせ、脳卒中の危険を減らす報告も出ています。

さらには運動をしたあとの筋肉疲労などを改善する働き、脂肪分解の働き、集中力アップなどのさまざまな効果が期待できます。

カフェインの効果・効能

覚醒作用
眠くなる仕組みには、アデノシンが関わっています。カフェインが脳に入ると、アデノシンの分泌を抑え頭をスッキリとさせる作用があります。
血管拡張作用
カフェインには交感神経を優位にさせる働きがあります。これにより血管が拡張し、血液が多く流れるようになります。
心機能の強化
カフェインを摂取すると中枢神経が刺激を受け、心臓の筋肉の収縮が強くなります。これにより酸素の供給量が上がり、末端まで血液がしっかりいきわたるようになります。
脳卒中リスクの軽減
一日に一杯のコーヒーを飲むことで、脳卒中になるリスクが軽減する可能性があることがわかりました。カフェインにより認知能力が改善されるとの見方があります。
筋肉疲労の回復
カフェインは中枢神経を刺激し、筋肉の収縮を促します。これにより疲労物質である乳酸の蓄積が少なくなり、筋肉の疲労を感じにくくなります。
脂肪分解の促進
カフェインには褐色脂肪細胞を活性化させる作用があります。これにより脂肪が分解されやすくなり、カロリー消費が促されます。

相乗効果がある成分

カフェインを含む食べ物
コーヒー豆
カカオ
茶葉
コーラ
チョコレート
1日に必要な摂取量(男性)
500mgまで
1日に必要な摂取量(女性)
500mgまで

カフェインの副作用

1日に500mg以上摂ると、急性中毒症を起こす可能性があります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース