カルシウム

カルシウムは骨や歯などをつくっている栄養素で、体内には体重の1~2%のカルシウムが存在します。

その99%は骨や歯の成分として存在しており、残りの1%は血液中や筋肉・神経に存在しています。骨や歯の元となる貯蔵カルシウム、血中などに含まれる機能カルシウムがあります。

また骨や歯の構成要素としてだけではなく、体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。

神経伝達物質の放出による興奮や緊張を緩和する、血液を凝固させず動脈硬化や高血圧を要望する、筋肉の収縮をスムーズにする、イライラを鎮める効果などが挙げられます。

カルシウムの効果・効能

骨粗しょう症の予防
体内でカルシウムが不足すると骨の中のカルシウムを溶かして使用するため、骨がスカスカになってしまいます。十分なカルシウムの補給により、骨粗しょう症を予防することができます。
高血圧や動脈硬化の予防
カルシウムが不足すると血管の正常な収縮と弛緩が行われなくなり、血圧が上がってしまいます。カルシウムの補給により、高血圧や動脈硬化を予防できます。
イライラを解消する作用
カルシウムには、神経を安定させイライラを解消する効果があります。天然の精神安定剤ともいわれるカルシウムを継続的に摂取することで、穏やかな精神状態を保てます。

相乗効果がある成分

カルシウムを含む食べ物
牛乳
チーズ
ヨーグルト
小魚
海藻
大豆
小松菜
1日に必要な摂取量(男性)
2300mg
1日に必要な摂取量(女性)
2300mg

カルシウムの副作用

過剰摂取により高カルシウム血症になると、便秘や下痢・口内の乾燥・頭痛や頻尿などの症状が現れることがあります。

カルシウムが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース