カルノシン

疲労回復に一役買ってくれるイミダゾールペプチドの一種です。アミノ酸「β-アラニン」と「L-ヒスチジン」が2つくっついたもので、イミダゾールペプチド同様、鶏肉に多く含まれています。

カルノシンには活性酸素除去の働きがあり、健康や美容に大きな関わりを持っています。

カルノシンを多く持っているほど、筋肉に有利に働き瞬発力を発揮します。さらには運動時に発生する乳酸を抑える働きがあるため、疲労回復に役立ちます。

体内のカルノシンは加齢とともに減少しますので、食べ物から継続的に摂取する必要があります。

カルノシンの効果・効能

疲労回復効果
活性酸素は細胞を傷つけ老廃物を算出し、身体機能を低下させ疲れの原因となります。カルノシンにはこの活性酸素を抑える働きがあります。
運動能力を向上させる作用
カルノシンは長時間の運動に欠かせない成分です。摂取することにより持久力や運動能力の向上、そして瞬発力を養う効果があります。
生活習慣病を予防
活性酸素を抑える働きにより、細胞の酸化を防ぎ体の機能を高めます。血管や臓器を正常に保つことで高血圧や動脈硬化などを防ぎます。
糖尿病の予防
カルノシンにはタンパク質の糖化を防ぐ作用があります。高血糖による弊害を減らし、タンパク質が糖化する前に分解・排出を行います。
アンチエイジング効果
高い抗酸化作用を持つため、細胞が老化するのを防ぎシミやシワなどを予防します。継続的な摂取により若々しい体を保つ作用が期待できます。

相乗効果がある成分

カルノシンを含む食べ物
鶏肉
小魚
豚肉
牛肉
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

カルノシンの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース