カロテン

植物体に含まれる黄色または、赤色の色素を総称してカロチノイドと呼び、そのうち体内に入ってからビタミンAに転化する物質をカロテンといいます。色の鮮やかな野菜ほど、カロテンが多く含まれているといわれています。

人の体を構成する皮膚や粘膜、また免疫機能や視力を正常に維持するために欠かせない成分です。植物によって生合成されますが、動物は生合成することができません。

体内の必要量に応じてカロテンからビタミンAに変換されますので、多量に摂取しても余剰分は排出されます。このような成分をビタミンA前駆物質と呼び、カロテンはその代表的なものです。

カロテンの効果・効能

夜盲症の予防改善
光をとらえる網膜の働きにビタミンAが関与していることがわかっています。カロテンからつくられるビタミンAが、視力を正常に保つ役割を持ちます。
黄斑変性症を予防
加齢により網膜の黄斑に異常が出ることがあります。カロテンは網膜の粘膜や網膜を健康な状態に保つ作用があり、黄斑変性の発症を予防します。
美肌効果
カロテンの強い抗酸化作用によって、紫外線によって発生した活性酸素を無害化し、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の発生を抑制します。
体の成長を促進する作用
子どもの成長にビタミンAは大きく関わっています。 前駆物質であるカロテンを継続的に摂取することで、子どもの心身の健やかな成長を促します。
ガンの抑制と予防効果
カロテンには、ガンの原因となる活性酸をを無害化し除去する作用があります。遺伝子の損傷を防ぎ、ガンの発症を予防します。
動脈硬化の予防
カロテンには強い抗酸化作用があるため、血液中の悪玉といわれるLDLコレステロールが血管内で溜まって酸化するのを防止し、予防する効果が期待できます。

相乗効果がある成分

カロテンを含む食べ物
ニンジン
赤じそ
パセリ
ケール
ほうれん草
かぼちゃ

1日に必要な摂取量(男性)
1800μg
1日に必要な摂取量(女性)
1800μg

カロテンの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース