カテキン

1000年以上も前から愛飲されてきた緑茶。昔の人は、緑茶に健康効果があることを経験から知っていました。

緑茶は発酵を始めてから24時間以内に発酵を止めてしまうため、ほかのお茶よりも多くの茶カテキンが含まれています。

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、動脈硬化などの成人病の予防に役立ちます。

またカテキンには血圧や血糖値を下げる作用もあり、おいしく緑茶を飲みながら健康管理をすることができます。

カテキンの効果・効能

抗酸化作用
数あるポリフェノールの中でも、カテキンの抗酸化作用はたいへん高くなっています。活性酸素を除去することで細胞を若々しく保ち、健康な体を保つことができます。
ダイエット効果
緑茶には血中のコレステロールを下げる作用と、脂肪の吸収を抑える作用があります。研究により、緑茶をたくさん飲む人は悪玉コレステロール値が低いという事実が明らかになっており、ダイエット効果が期待できます。
抗ウイルス効果
カテキンにはウイルスが細胞にとりつくのを防ぐ作用があります。ウイルスが細胞内で増殖できなくなるため、感染症を発症しにくくなります。
血圧や血糖値を下げる効果
食事とともに緑茶を飲むことで、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。また血圧を下げる効果がありますので、減塩とともに緑茶を生活に取り入れるようにしましょう。
虫歯や口臭の予防
カテキンには虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を抑えます。食事と一緒に緑茶を飲むことで、口腔内を殺菌し虫歯口臭を防ぐことができます。

相乗効果がある成分

カテキンを含む食べ物
緑茶
1日に必要な摂取量(男性)
1g
1日に必要な摂取量(女性)
1g

カテキンの副作用

高濃度カテキンの過剰摂取により肝機能障害の事例があります。

カテキンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース