桜の花エキス

桜の花エキスとは一般的に八重桜や関山の花びらから抽出されます。
関山は病害虫に強いとされている品種で八重桜の一つです。
和菓子や桜ごはん、御吸い物など桜をその際の桜も関山が好んで使われています。

カフェオイルグルコースやケルセチングルコシドなどの配糖体がを含有しており、抗糖化作用の働きがあります。
また桜の花エキスにはコラーゲン生成を促進する働きがあり、弾力がありハリのある肌に導きます。
抗糖化作用によって血管をしなやかにするため、動脈硬化予防になります。

桜の花エキスの効果・効能

糖化を防ぐ
タンパク質と糖が結合しできるAGEsと呼ばれる老化促進物質の生産を減らす働きがあるため。
動脈硬化を防ぐ
桜の花エキスは血管の糖化を防ぐため。
美肌効果
桜の花エキスには抗糖化作用に優れているだけでなく、コラーゲンの生成を促す効果があります。桜の花エキスはAGEsを抑制しながらコラーゲンを増やす働きがあるので、シワやたるみといった老化を予防して若々しい肌を保ってくれます。
美白効果
桜の花エキスにはAGEsの抑制だけでなく、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるので、美白を目指したいという人にもおすすめです。
抗炎症作用
桜の花エキスには、炎症を抑える効果があり、肌が赤くなったり発疹ができるといった皮膚炎の症状を改善する効果が期待できます。 炎症を抑えてくれるので、化粧品としても安心して使えます。

相乗効果がある成分

桜の花エキスを含む食べ物
サプリメント
コラーゲンドリンク
1日に必要な摂取量(男性)
50~150mg
1日に必要な摂取量(女性)
50~150mg

長年の研究で、桜の花には様々な効果があることが明らかになりましたが、桜は開花から散るまでの期間が非常に短いため、安定した供給量の確保が難しく、加工品の原料としては不向きだとされていました。
しかし、近年に桜の花からエキスを抽出することに初めて成功し、供給量の問題なども解決されたことで、サプリや化粧品として手軽に取り入れることができるようになりました。
抽出されたエキスは、加熱に対する安定性や水溶性の高さから様々な製品に加工できるため、これから桜の花エキスを使用した商品がどんどん増えてくるかもしれません。

糖化は肌の老化以外にも動脈硬化を促進させるため、桜の花エキスの入ったサプリは美容目的だけでなく、健康目的としても注目を集めています。
糖質はエネルギー源として重要な役割をしているので、完全に糖化を防ぐということは難しいですが、桜の花エキスを使えば、糖化による悪影響を予防することが可能です。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース