マロンポリフェノール

マロンポリフェノールとは栗の渋皮部分に含まれているポリフェノールで肥満、メタボに有効な成分です。
炭水化物の吸収を抑制する働きを持っています。

血糖がどんどん上昇するのを防ぐために、インシュリンも次から次へと分泌して抑えようとします。
インシュリンにも上限量があり、上限量を越してしまうと脂肪細胞に変えてしまいます。
この仕組みが炭水化物を摂りすぎると太ってしまう原因なのです。
ゆえにマロンポリフェノールは血糖値の上昇を防ぐ働きがあるのです。

マロンポリフェノールはポリフェノール共通の抗酸化作用を持っています。
カリウム、食物繊維なども含まれていますがビタミンCも含まれています。
マロンに含まれるビタミンCはデンプンに覆われているので熱に強い特徴を持っています。

マロンポリフェノールの効果・効能

炭水化物の吸収を抑える糖尿病の抑制ダイエット効果
マロンポリフェノールは、炭水化物の糖質がブドウ糖への変化すること自体を防いでくれるので、糖が血管に摂取されなくなるため。

相乗効果がある成分

マロンポリフェノールを含む食べ物
栗の渋皮
1日に必要な摂取量(男性)
特になし
1日に必要な摂取量(女性)
特になし

マロンポリフェノールが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース