クロロフィル

葉緑素として呼ばれることが多い「緑色の天然色素」のことをいいます。二酸化炭素と水と光で光合成を行う、理科で習ったおなじみの物質です。

血液の成分ヘモグロビンと構造が似ているため、造血や貧血改善に効果があります。またカルシウムと密接な関わりがあり、骨や歯の形成に必要な栄養素としても知られています。

体内に摂取するとコレステロールやダイオキシンなどを排出してくれるため、動脈硬化などの生活習慣病を予防します。

緑色の野菜に多く含まれますが、食生活の変遷により野菜不足がいわれるようになり、現代人に不足しがちな栄養素となっています。

クロロフィルの効果・効能

コレステロール値を下げる作用
悪玉コレステロールを抑え排出する作用があるため、脂質をコントロールし正常な状態に近づける効果があります。高血圧や脳梗塞リスクを下げることができます。
貧血を改善する作用
貧血の改善には、鉄分だけでなく葉緑素が必要です。血液の成分ヘモグロビンをサポートし、血液の循環をスムーズにする効果があります。
消臭殺菌効果
クロロフィルには殺菌作用があります。けがをした部分にヨモギをつけるという民間療法は理にかなっています。またニオイの素となる雑菌も殺菌することができます。
美顔効果
殺菌作用により、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を防ぎ、肌の炎症を抑えます。継続的な摂取により美肌へと導くことができます。
デトックス効果
クロロフィルには、体内の不用な物質を排出する作用があります。ダイオキシンや鉛・水銀のような重金属のデトックスに役立ちます。
がんを防ぐ効果
クロロフィルには強力な抗酸化作用があり、がんの原因とされる活性酸素を除去することができます。また染色体異常を抑制する作用がありますので、がんを防ぐ効果が期待されています。

相乗効果がある成分

クロロフィルを含む食べ物
小松菜
ホウレン草
ニラ
春菊
焼き海苔
パセリ
シソ
1日に必要な摂取量(男性)
特になし
1日に必要な摂取量(女性)
特になし

クロロフィルの副作用

人によって日光アレルギーの症状が現れることがあります。またビタミンKが多量に含まれますので、持病がある人は医師に相談しましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース