クエン酸

酸という名前が付くので酸性かと思いがちですが、実はクエン酸はアルカリ性です。形状は常温で無色・白色結晶粉末で水溶性で、食品を食べた際に「すっぱい!」と感じるものは有機酸と呼ばれる物質で、クエン酸もそのひとつになります。

疲労を感じる要因のひとつである乳酸の生成を抑制したり、心身の疲労や肩こり・筋肉痛・肝臓病などの予防や改善ができます。

またクエン酸には、でんぷんが分解されてつくられる乳酸を、水と炭酸ガスに分解して体の外へ出す働きがあります。「疲れているときに梅干しを食べるとよい」という伝承は、クエン酸を摂取するという意味で理にかなっているのです。

クエン酸の効果・効能

疲労回復効果
クエン酸には細胞を活性化し、疲労を回復させる作用があります。即効性がありますので、疲れたらすぐにクエン酸を摂取するといいでしょう。
血流改善
クエン酸にはコレステロールや中性脂肪などの過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。血液をサラサラな状態に変えて流れやすくします。
アンチエイジング効果
クエン酸には体内の有害物質を包み込み排出するキレート作用があります。これによって細胞の老化が抑制され、若々しい体を保つことができます。
ガンの予防
クエン酸には乳酸を分解する作用があり、ガン細胞が産出する乳酸を分解します。またガンにより酸性に傾いた体をアルカリ性に戻す効果もあります。
ミネラルの吸収を促す作用
ミネラルは単体では吸収されにくいものです。クエン酸と一緒に摂取することにより、クエン酸がミネラルを包み込んで結合し、ミネラルの吸収を助けます。
筋肉痛の予防
クエン酸は疲労物質である乳酸の生成を抑える効果があります。運動する際にクエン酸を摂取することによって、筋肉痛を防止することができます。
エネルギーの産生
クエン酸は細胞のミトコンドリア内で働きます。クエン酸を外から摂取することで細胞が活性化されて代謝が向上し、エネルギーを効率よく作り出すことができます。

相乗効果がある成分

クエン酸を含む食べ物
みかん
レモン
ライム
グレープフルーツ

いちご
キウイ
リンゴ酢など
1日に必要な摂取量(男性)
2~5g
1日に必要な摂取量(女性)
2~5g

クエン酸の副作用

特になし

クエン酸は酢やレモンなどの柑橘類に含まれている酸味成分の一種で、古くから疲労回復に良いとして親しまれ、今では酸味料やpH調整剤、そして酸化防止剤などとして利用されています。
クエン酸は人間の体内で摂取した食べ物をエネルギーに変えるための欠かせない成分で、このエネルギーを作り出すしくみのことを「クエン酸回路」と呼んでいます。

クエン酸回路は細胞内のミトコンドリアで行われ、三大栄養素の炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝の要である代謝回路で、摂取した食べ物の栄養素が体内に吸収されて酸素やビタミンにより分解される過程において、エネルギーが作られます。

【クエン酸の作り方】
・材料:水250ml、クエン酸小さじ2分の1(2g)
・作り方:水とクエン酸をペットボトルに入れて、よく溶けるように振ります。

混ぜるだけですのでとても簡単です。
作ったクエン酸水の効果的な飲み方ですが、一番効果がある分量は1日およそ15gです。
この数字を目安に摂取しましょう。
そしてクエン酸効果が持続する時間はおよそ2時間ですので、2時間おきに飲む事がよいでしょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース