コエンザイムQ10

脂溶性ビタミン様で抗酸化作用のあるユビキノンがコエンザイムQ10 です。
黄色からオレンジ色の結晶状の物質で、匂いはなく、そして水にほとんど溶けません。

エネルギー生産に欠かせない補酵素で肉類の内臓や魚類、落花生に多く含まれています。

細胞内に存在するミトコンドリアで脂質、糖質、たんぱく質をエネルギーに変える際に働く補酵素です。

免疫力をを上げたり、細胞膜の酸化を予防したり、心機能の維持や改善、生活習慣病の予防、肩こり、冷え性の改善、美容にいい働きをします。

コエンザイムQ10の効果・効能

アンチエイジング
細胞の再生促進効果があるため新陳代謝がアップし、いつまでも若々しく保つことができ老化防止効果があります。
ダイエット
コエンザイムQ10にはエネルギーの生産量をアップさせ脂肪を燃焼させる効果があるため。 また、血流をよくし冷え症やむくみなどダイエットを阻害してしまう症状を改善する効果もあり、基礎代謝を上げてくれるダイエットの強い味方です。
肌の若返り
お肌をダメージから守るために抗酸化力を高め、コラーゲンをつくり出す細胞の再生を活発にする効果や、肌のターンオーバーを正常化する効果があるため。
疲労回復
コエンザイムQ10は効率よくエネルギーを作り出すことができ、疲れにくい体を維持することができるため。
心臓機能を保護
エネルギーの生産量がアップすることで、心臓の収縮力を高め心臓のポンプ機能を向上させることで、心筋梗塞、心不全、狭心症、糖尿病、高血圧なども病気の予防効果が期待できる。
生活習慣病予防
悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑える効果があるため。
抗酸化作用
コエンザイムQ10は、強い抗酸化作用で体全体を酸化から守ってくれますので、「脳」「臓器」「血管」「肌」などを若々しく保ってくれるだけではなく、「免疫細胞」「白血球」の作用を高める働きもあります。

相乗効果がある成分

コエンザイムQ10を含む食べ物
肉類
青魚
菜種油
大豆油
キャベツ
ブロッコリー
ほうれん草
カリフラワー
落花生
大豆
1日に必要な摂取量(男性)
50~300mg
1日に必要な摂取量(女性)
50~300mg

コエンザイムQ10は、ミトコンドリア内でのエネルギー生産になくてはならない成分なのですが、年齢を重ねるとともに体内で作られる量が減ってきてしまいます。

20歳ごろが生産量のピークで、その後は少しずつ減少し、40歳を過ぎると不足した状態になってしまうのです。

そうしてエネルギー代謝が悪くなることにより、「メタボリックシンドローム」を引き起こしたり、「生活習慣病」になってしまう可能性が高まります。

またコエンザイムQ10は協力な抗酸化物質で、同じように抗酸化作用を持つビタミンEの作用を助ける役割を持っていますので、不足すると活性酸素を抑える力が弱くなって、
・老化を引き起こす
・免疫力を低下させる
・がん細胞を増やす
などが起きるのです。

コエンザイムQ10が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース