コーヒークロロゲン酸

コーヒークロロゲン酸はコーヒーに多く含まれ、ミトコンドリアへの脂質の取り組みを活性化する物質です。強い抗酸化作用をもち、コーヒーポリフェノールとも呼ばれています。1日に3杯以上コーヒーを摂取することで、糖尿病や心疾患、肝臓病などのリスクを低減させます。

クロロという言葉は「緑」と「塩素」という二つの意味からなる接頭語です。クロロゲン酸は緑がかった色であるため、この名が付けられました。

緑色の成分であるコーヒークロロフィルは、生コーヒー豆の5~10%に含まれているポリフェノールのうち、フェノール酸系に分類される色素成分として知られています。

コーヒークロロゲン酸の効果・効能

抗酸化作用
クロロゲン酸には高い抗酸化作用があります。常に体内で発生している活性酸素を除去し、健康を保つためによい働きをします。細胞の老化を防ぎ、若々しい体へと導きます。
ダイエット効果
クロロゲン酸には、脂肪の蓄積を防ぐ作用があります。適量のコーヒーの摂取は脂肪肝やメタボリックシンドロームの予防にも役立ちます。
糖尿病の予防
クロロゲン酸にはインスリンを分泌する膵臓の働きを高める作用があります。食後の血糖値の上昇を抑えるため、糖尿病の予防効果が期待できます。
コレステロールを抑制
クロロゲン酸には、脂肪を分解する酵素の活動を阻害する作用があることが研究によりわかっています。脂肪が分解されにくくなり、コレステロールが体内へ吸収されるのを防ぎます。

相乗効果がある成分

コーヒークロロゲン酸を含む食べ物
コーヒー
1日に必要な摂取量(男性)
270mg
1日に必要な摂取量(女性)
270mg

コーヒークロロゲン酸の副作用

特になし

コーヒークロロゲン酸が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース