コレウスフォルスコリ

コレウスフォルスコリとは主にインドで収穫されるシソ科の多年草です。インドでは昔からアーユルヴェーダで心臓病などに薬効のあるハーブとして用いられてきました。

エネルギー代謝に作用する物質の合成を促進し、脂肪を分解しやすくする効果があることから、肥満予防のためのサプリメントとして現在も世界中で利用されています。

コレウスフォルスコリの根の部分に含まれている有効成分フォルスコリンには、脂肪細胞を分解して燃焼させる効果があります。肥満の成人への実験で、12週間の投与で体脂肪が減り、筋肉を増強させるホルモンの分泌が増えたというデータが出ています。

コレウスフォルスコリの効果・効能

肥満を予防
コレウスフォルスコリには脂肪の燃焼を活性化させる作用があります。また筋肉を増強させるホルモンの分泌を増やす作用もあり、痩せやすい体作りに役立ちます。
高血圧の予防
コレウスフォルスコリは、アーユルヴェーダで心臓や高血圧の薬として利用されてきました。摂取により血圧の低下や、成人病の予防が期待できます。
緑内障の予防
緑内障の原因となる眼圧を調整し、正常に近づける作用があります。点眼薬にもコレウスフォルスコリの成分が配合されています。
喘息の予防
コレウスフォルスコリには気管支を拡張させる作用があります。アーユルヴェーダでも喘息の予防に利用されてきた実績があります。

相乗効果がある成分

コレウスフォルスコリを含む食べ物
コレウスフォルスコリ
1日に必要な摂取量(男性)
300mg
1日に必要な摂取量(女性)
300mg

コレウスフォルスコリの副作用

人によっては摂取により胃腸の不調が現れることがあります。

コレウスフォルスコリが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース