CPP(カゼインホスホペプチド)

カゼインホスホペプチドはすい臓で分泌されるトリプシンによって、牛乳タンパクである「カゼイン」が分解された栄養素です。一般的にカルシウムや鉄などのミネラルは、リンや食物繊維・フィチン酸と結合してしまうと吸収がされなくなります。

カゼインホスホペプチドはリンと結合しやすく、カルシウムや鉄などがリンと結合するのを阻害する作用があります。カルシウムや鉄を溶けやすい状態に保ち、小腸からの吸収を促進させるため、骨粗しょう症の改善や、骨折の回復などに効果を発揮します。

カゼインホスホペプチドは、他のミネラル分と一緒に摂取するのがおすすめです。

CPP(カゼインホスホペプチド)の効果・効能

ミネラルの吸収促進
カゼインホスホペプチドは、ミネラル分の吸収を阻害するリンと先に結合する性質があります。そのためミネラルの吸収を促進する作用があります。
動脈硬化予防
体内のカルシウムが不足すると、動脈硬化の原因となります。カゼインホスホペプチドの継続的な摂取により、カルシウム不足を解消します。
貧血予防
カゼインホスホペプチドには小腸での鉄分吸収を促進する作用があります。鉄欠乏性貧血の予防や改善に効果が期待できます。
骨粗鬆症予防・改善
カゼインホスホペプチドはカルシウムを吸収されやすい形態にする作用があります。骨の強度を保ち、骨折や骨粗しょう症を防ぐ効果があります。

相乗効果がある成分

CPP(カゼインホスホペプチド)を含む食べ物
牛乳
ヨーグルト
チーズ
1日に必要な摂取量(男性)
10~20mg
1日に必要な摂取量(女性)
10~20mg

CPP(カゼインホスホペプチド)の副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース