クランベリー

クランベリーとは日本の寒冷地や北ヨーロッパ、北米などに自生している小さな果実です。アメリカ先住民はクランベリーを染料・食料・医薬品として使用していました。

クランベリーにはAタイププロアントシアニジンというポリフェノールが含まれています。またフラボノイドやビタミンCなども含まれており、まさに美の果物と言えます。

クランベリーには抗炎症作用、抗菌作用、抗酸化作用などがあります。

女性に多い膀胱炎や急性腎盂腎炎などの膀胱から入ってくる細菌の感染を防ぐ働きにも注目されています。

クランベリーの効果・効能

尿路感染症予防
クランベリーには抗菌作用があり、尿路感染症の予防に効果を発揮します。また尿を酸性に保つ作用もあり、こちらも感染症の予防に役立ちます。
歯周病予防
クランベリーに含まれるプロアントシアニジンには、細菌の付着や繁殖を防ぐ効果があります。他のフルーツにはない高い活性がクランベリーには認められています。
美肌効果
クランベリーの赤い果実には、ビタミンCをはじめ美容成分がたっぷり含まれています。継続的に摂取することで、肌荒れの改善や美肌効果が得られます。
むくみ解消の働き
プロアントシアニジンには腎機能を高める作用があります。水分と一緒に余分な老廃物を排出し、むくみの解消に役立ちます。
生活習慣病予防
アメリカの農務省の研究により、クランベリーに生活習慣病の発症リスクを抑える効果があることが分かりました。豊富なポリフェノールが健康的な生活をサポートしてくれます。

相乗効果がある成分

クランベリーを含む食べ物
クランベリー
1日に必要な摂取量(男性)
特になし
1日に必要な摂取量(女性)
特になし

クランベリーの副作用

過剰摂取により腹痛や下痢などの症状が起こることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース