クレアチン

アミノ酸の一種で、体内で生成できるクレアチンは主に骨格筋に存在しています。ほかのアミノ酸を原料に、腎臓や肝臓などで作られ、血液にのって体中のさまざまな臓器に供給されます。

クレアチンの95%は骨格筋に運ばれ、持久力を高めたり筋肉の修復を行ったりする働きがあります。

身体に必要不可欠なクレアチンですが、身体の中で生成できる量が1日に必要な量の半分程度ですから、不足分は食物から補ってやる必要があります。

肉や魚に含まれている成分ですが、火に弱いので生食できるものから食べると効率よくクレアチンを摂取することができます。

クレアチンの効果・効能

持久力を高める作用
クレアチンがエネルギー産生を促すことで、持久力や筋力を高めます。特に強度が高く時間が短い運動で、主なエネルギー源となります。
筋肉を修復する作用
運動により傷ついた筋肉を修復するとき、体内にクレアチンが十分にあると修復が効率的に行われます。筋肥大のサイクルにも欠かせない成分です。
記憶力や学習能力を向上させる作用
クレアチンは脳や神経細胞にも多く存在しており、エネルギー産生の働きから神経を保護して記憶能力を改善させます。

相乗効果がある成分

クレアチンを含む食べ物

にしん
たら
まぐろ
かれい
ひらめ
牛肉
豚肉
1日に必要な摂取量(男女共通)
ローディング期⇒1日20g 維持期⇒1日5g

クレアチンの副作用

過剰摂取により胃部の不快感や筋肉のけいれんなどが起こることがあります。

クレアチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース