クロセチン

クロセチンとは、サフランやクチナシの実に含まれる黄色をした天然色素です。
カロテノイドの一種で同じ仲間にはアスタキサンチンやリコピンなどがあります。
カロテノイド共通の働きとして抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。

クロセチンの特徴は油にも水に溶けやすいことがあげられます。
分子量もほかのカロテノイドに比べ、三分の二程度で小さいため身体にすばやく吸収されやすいのです。

細かい部分にも入っていけるので、眼精疲労にも有効です。

クロセチンの効果・効能

眼精疲労を軽減
クロセチンは分子量が小さいので、目の毛様体筋に直接働きかけることでコリをほぐすため。
血流を改善
血流不良の原因の1つである活性酸素を除去するため。
疲れ目からくる肩こりを改善
疲れ目がひどくなると肩の血流まで悪くなるが、クロセチンは疲れ目自体に効くため。
睡眠障害を改善
疲れ目を改善することで、途中で目覚める回数が減ったり、目覚めの爽快感が増します。
一重項酸素の除去
活性酸素の一種の「一重項酸素」は「目」「皮膚」などの直接太陽の光が当たる部分に発生しやすいのです。クロセチンは目にまで行き届くので、一重項酸素を除去する効果が期待できます。

相乗効果がある成分

クロセチンを含む食べ物
サフラン
たくあん
栗きんとん
1日に必要な摂取量(男性)
6mg
1日に必要な摂取量(女性)
6mg

クロセチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース