シクロアリイン

シクロアリインとは、たまねぎやねぎに含まれる刺激臭や辛みの成分です。生の状態に含まれていますが、カットすると酵素アリイナーゼが活性化し、シクロアリインがアリシンに変化します。

アリシンとして食べるとビタミンB1と結びつき、エネルギー生成を促進したり、疲労回復作用を発揮したりします。また血栓を溶かす働きがあるため、身体の隅々にまで血液を運ぶことができ、動脈硬化や心疾患、脳疾患などの予防になります。

ほかにも抗酸化作用や抗菌、抗カビ作用があります。シクロアリインを生のまま摂るのは難しいため、サプリメントからの摂取がおすすめです。

シクロアリインの効果・効能

脂質代謝の改善
シクロアリインには、肝臓にある脂質をまとめて血中に出す作用がある酵素の働きを妨げ、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。
血栓を予防する効果
シクロアリインには血栓を溶かす作用があります。血流がよくなることで血管にかかる負担が軽くなり、動脈硬化や高血圧などの改善が期待できます。
抗酸化作用
高い抗酸化作用を持つシクロアリインを継続的に摂取することにより、細胞の老化を防ぎ若々しい体を保つことができます。
抗菌作用
生ものに玉ねぎやニンニクを添えることで食中毒を防ぐ知恵を昔の人は持っていました。研究により、シクロアリインに強い抗菌作用があることが分かっています。
美肌効果
シクロアリインにはチロシナーゼ阻害作用があることが判明しています。メラニン生成に関与するチロシナーゼの生成を阻害することにより、美しく白い肌へと導きます。

相乗効果がある成分

シクロアリインを含む食べ物
玉ねぎ
青ねぎ
にんにく
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

シクロアリインの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース