デビルズクロー

南アフリカや東アフリカの砂漠地帯が原産の、トゲトゲの実の形が特徴的なハーブです。動物の体にくっついて、実を遠くへ運び繁殖します。

デビルズクローが育つ地域では、このトゲに引っ掛かりけがをする動物がいることで「ライオン殺し」という別名を持ちます。

古くからリウマチや関節炎などの炎症を抑える薬として知られ、医薬品として今後も有効性が見込まれています。胃酸によって働きが抑えられることが研究で分かっているため、胃酸の分泌が少ない時間に摂取するとよいとされています。

デビルズクローの効果・効能

炎症を抑える作用
デビルズクローは古くから、民間薬として炎症を抑えるために使われてきました。有効成分のハルパゴシドが体内の炎症を抑え、痛みを鎮めます。

相乗効果がある成分

デビルズクローを含む食べ物
デビルズクロー
1日に必要な摂取量(男性)
1.5~4.5g
1日に必要な摂取量(女性)
1.5~4.5g

デビルズクローの副作用

子宮を収縮させる作用があるため、妊娠を考えている人や授乳中の人は摂取を避けましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース