DPA

DPA(ドコサペンタエン酸)は不飽和脂肪酸であり、高度不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸とも呼ばれています。DHAやEPAと同様に魚に含まれる脂ですが、採取できる量がとても少なくあまり流通していません。

多く含有しているのはアザラシやマンボウですが、漁獲高が少ないため日常的に口にするのは難しいもの。含有量は劣りますが、マグロや鮭、大豆や落花生などにも含まれていますので、食品から摂取したい場合はこれらを積極的にとりましょう。

安定的に継続してDPAを摂取したいなら、サプリメントの利用も効果的です。

DPAの効果・効能

動脈硬化を予防
DPAには血液をサラサラにする作用があります。血流がスムーズになると血管にかかる負担が減り、高血圧を改善し動脈硬化を予防することができます。
ガンの予防や改善
血管新生の抑制作用をもつため、ガン細胞の増殖を抑える効果が期待できます。がん予防や再発防止作用に注目が集まっています。
認知症予防効果
DPAは脳血管性の認知症の予防に効果があることがわかっています。海馬へ流れ込む血流を増やす作用や、脳にできる血栓を防ぐ作用があります。

相乗効果がある成分

DPAを含む食べ物
マンボウ肝油

クロマグロ
大豆
落花生
1日に必要な摂取量(男女共通)
EPA・DHA合わせて1日3g

DPAの副作用

血液をサラサラにする作用が強いため、薬を服用している人は事前に医師に相談しましょう。


商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース