酵素

体内での栄養成分の分解や合成などを円滑にする働きをする、タンパク質の総称を酵素と呼びます。現在発見されている酵素の数はおよそ4000種類あり、ひとつの酵素はひとつの働きを担っています。

酵素は体内にある「内部酵素」と外部から取り入れる「食物酵素」に分別されます。内部酵素はさらに「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられています。

酵素は生命の活動をつかさどる重要な役割をしており、全ての生命反応の源といっても過言ではないほど、きわめて重要な物質です。内部酵素は時間とともに減少していくため、常に外部から食物酵素として補充していく必要があります。

酵素の効果・効能

ダイエット効果
人間は細胞の代謝のために酵素を使います。体内に十分な量の酵素があることで、しっかり代謝が行われ、やせやすい体へと変わっていきます。
アンチエイジング効果
酵素には体内の老廃物や有害物質を除去し、排泄する作用があります。体内に十分な酵素があると代謝が活発になり、細胞を修復し老化を防ぐ力が強まります。
新陳代謝の活性化
人間は食べ物の消化に酵素をたくさん使っています。外部からしっかり酵素を摂り入れることで、消化に使っても新陳代謝に回せる量が十分に残り、細胞を活性化させることができます。
細胞の新陳代謝の活性化

相乗効果がある成分

酵素を含む食べ物
アボカド
パパイヤ
マンゴー
キウイ
バナナ
キャベツ
ニンジン
レタス
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

酵素の副作用

特になし

大きく分けて、食物酵素と潜在酵素になります。
・食物酵素
食べ物に含まれていますが、良質なものは生の野菜や果物から摂取されます。

・潜在酵素
さらに消化酵素と代謝酵素にわかれますが、消化酵素はそのまま口から摂取した食物の消化を助ける酵素で、代謝酵素は体内の老廃物や有害物質を除去し、排泄するものや、細胞の新陳代謝を助ける酵素になります。

酵素が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース