γリノレン酸

イギリスではγリノレン酸は医薬品として認められています。リノレン酸にはいくつか種類があり、α、β、γと見つかった順に名前がついています。

月見草やカシス種子に含まれており、必須脂肪酸の仲間でありビタミンFという別名も持っています。

正常で健康な皮膚の構造を保つのに必要な成分で、γリノレン酸が不足すると皮膚の水分調節に異常をきたしてしまいます。その結果乾燥を起こし、皮膚のバリア機能の低下につながります。

γリノレン酸は、ほかにも血糖、血圧、コレステロール値を低下させる作用も持っています。

γリノレン酸の効果・効能

血糖、血圧、コレステロール値を低下させる作用
γリノレン酸には、成人病の原因となる血糖・血圧・コレステロール値をコントロールする作用があります。
アトピー性皮膚炎を改善する作用
摂取したγリノレン酸が体内で抗炎症物質であるプロスタグランジンに変わり、アトピー性皮膚炎の炎症を抑えます。
関節リウマチの予防
γリノレン酸を摂取することで炎症を抑える成分プロスタグランジンを調整し、関節リウマチの炎症性物質の活性化を抑えます。
美肌効果
γリノレン酸には、お肌の水分を保持する作用があります。皮膚細胞から水分が蒸発するのを防ぎ、荒れたお肌を正常に保つ効果が期待できます。
PMSや更年期障害の改善
γリノレン酸を継続して摂取すると、プロスタグランジンが女性ホルモン様の働きをし、PMSや更年期障害の軽減につながります。

相乗効果がある成分

γリノレン酸を含む食べ物
月見草油
ポラージオイル
亜麻仁油
肝油
1日に必要な摂取量(男性)
150mg
1日に必要な摂取量(女性)
150mg

γリノレン酸の副作用

まれに悪心や嘔吐などの症状が起こることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース