ガラノラクトン

ガラノラクトンは生姜に含まれる成分の一つで、ジンゲロール・ショウガオールと同じく血行促進や冷えの改善効果があります。

ガラノラクトンのみの特徴として、抗炎症作用・鎮静作用があります。その効果は幅広く、喉の痛みや咳、胃もたれや胸やけを改善する働きがあります。抗炎症作用があることから、関節痛やリウマチなどの改善にも期待されています。

ガラノラクトンはすべての生姜に含まれているわけではなく、特定のショウガにのみ含有しています。最も多くガラノラクトンが含まれているのは金時生姜で、ほかにも3種類ほどありますが、金時生姜に比べると微量です。

ガラノラクトンの効果・効能

血行促進効果
ガラノラクトンには血管の拡張作用があります。末端まで血液が十分にいきわたるようになると手足がポカポカと温かくなり、むくみも解消されていきます。
痛みや腫れを抑える作用
痛みや炎症の原因である、プロスタグランジンの働きを抑制する作用があります。服用はもちろんのこと、外用としても痛い部分に効果を発揮します。
食欲増進・健胃作用
ガラノラクトンには唾液の分泌を促し、食欲を増進する作用があります。また胃部の炎症を抑え、胸やけを抑える効果も期待されています。

相乗効果がある成分

ガラノラクトンを含む食べ物
金時生姜
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

ガラノラクトンの副作用

過剰摂取により胃もたれや胃痛が起こることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース