クチナシ

クチナシの果実を乾燥させて作る生薬で、アカネ科クチナシ属の植物です。

暖かい気候を好むため主に暖帯や亜熱帯地方に自生しており、日本や台湾、中国やインドシナに広く分布している常緑樹です。

カロテノイド色素の一種「クロセチン」が含まれていて、1kgのクチナシの実からわずか5gしか採れない貴重な成分で、スパイスとして使われたり、古くから鎮静や消炎の薬として使われています。

クチナシの効果・効能

眼精疲労を改善
クチナシに含まれている「クロセチン」が毛様体筋に直接働きかけるため。
血流を改善
クロセチンが持つ強い抗酸化力で体内の活性酸素を除去するため。
視機能を改善
クロセチンが光からのダメージより目を守って、加齢黄斑変性症などの網膜障害を予防するため。
肩こりを緩和
クロセチンが血流を改善するため。

相乗効果がある成分

クチナシを含む食べ物
サプリメント
食品添加物
1日に必要な摂取量(男性)
6mg
1日に必要な摂取量(女性)
6mg

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース