イチョウ葉

イチョウの歴史は古く2億5千万年以上も前から存在する非常に強い生命力を持った木です。

イチョウの研究が始められたのは1960年ごろで1965年にはドイツで医薬品として認可されました。

アルコールを使用してイチョウのエキスを採りだした成分はフラボノイド、ギンコライドでこれらは抗酸化作用や脳機能の活性化させる働きを持っています。

日本では物忘れが多くなったり生活習慣が気になる人向けのサプリメントとして販売されています。

イチョウ葉の効果・効能

血流の改善
血管を収縮させる「トロンボキサンA2」の働きを抑える作用、そして血小板の凝集を抑えたり、活性酸素の生産を抑える作用があるため、血行不良が原因となる症状の緩和に効果があります。
冷え性の改善
血流改善の効果があるため。
認知症の予防
アルツハイマー型認知症の人の脳に多く見られる茶色いシミの正体「アミロイド-β」の蓄積を妨ぐ働きがあるため。

相乗効果がある成分

イチョウ葉を含む食べ物
サプリメント
1日に必要な摂取量(男性)
120~240mg
1日に必要な摂取量(女性)
120~240mg

【フラボノイド】

ビタミンPと呼ばれるフラボノイドには、毛細血管を強化するという働きを持っており、血行促進の効果があることから、イチョウ葉エキスが注目されるきっかけになりました。

イチョウ葉エキスには、30種類のフラボノイドが含まれており、中でも血液循環効果が高い「二重フラボン」が特有成分として6種類も存在しているんです。
二重ブラボンとは2つのフラボノイドが重なった成分で、血液循環効果はほかのフラボノイドと比較して約3倍高くなっています。

また、フラボノイドは、血管材料である「コラーゲン」「エラスチン」の酸化を抑制する効果があります。

フラボノイドの積極的な摂取によって、しなやかな血管を作ることに繋がりますので、毛細血管などの末梢血管を広げて、全身の血液促進に繋がるのです。

 

【ギンコライド】
イチョウ葉エキスだけに含まれる「ファイトケミカル」の健康成分の一種です。

ファイケミカルは、植物由来の化学物質の総称。
自然界に数千種類が存在していて、さまざまな病気を予防する効果が期待されている、第7の栄養素として重要視されています。

ギンコライドは強い抗酸化作用も持っているので、脳細胞を活性酸素から守る働きがあります。

それ以外にも血小板が固まることを抑えて、血管壁に血栓ができることを予防する効果や、アレルギーの原因になる血管の炎症を抑えるという働きもありますね。

 

イチョウ葉が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース