グラボノイド

グラボノイドとは、生薬や食品として古くから人々に利用されてきた甘草から抽出された成分です。

甘草の根から茎にかけて多く含まれる「甘草ポリフェノール」の、脂肪を燃やす効果とためにくくする効果を併せ持つ注目の新成分として、近年認知されるようになりました。

甘草から抽出されたグラボノイドは甘草のグラブラ種と、甘草グラブラポリフェノールの構成成分である「フラボノイド」を組み合わせた名前です。

代謝が上がり内臓脂肪が減るということで、体脂肪が気になる人や肥満気味の人の味方として広く利用されています。

グラボノイドの効果・効能

皮下脂肪・内臓脂肪を抑える作用
グラボノイドには脂肪の分解を促進する作用があります。継続して摂取することで、BMIの増加を抑制し、体脂肪の増加を抑えるという実験結果が報告されています。
脂肪燃焼を助ける作用
ウォーキングやランニングなどの運動を行いながら、甘草グラボノイドを継続して摂取することで脂肪燃焼を後押ししてくれます。
冷え性の改善
グラボノイドを摂取することにより、腹部で有意に高い値が観測されることが実験により明らかになりました。脂肪の代謝を活性化させることで熱生産が高まるとみられています。

相乗効果がある成分

グラボノイドを含む食べ物
甘草
1日に必要な摂取量(男性)
300mg
1日に必要な摂取量(女性)
300mg

グラボノイドの副作用

原料である甘草は漢方薬として利用されています。持病がある・未成年者・妊産婦(これから妊娠予定のある方)・授乳中の方は使用を控えましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース