実は呼吸でも作られている活性酸素!リスクと引き換えに身体は何を得る?

人間だけではなく、すべての生物に起こる老い。

年齢を重ねれば重ねるほど、体が言うことをきかなくなってしまうものです。

老化の原因は、活性酸素が健康な細胞を攻撃したことによる酸化です。
その活性酸素が生みだされる原因は、紫外線やたばこ、ストレスが有名ですよね。

しかしそれ以外に、誰もが行っている行動で活性酸素は生み出されているのです。

生きていく上で、呼吸は非常に大切なもの。
その呼吸によって、体を酸化させる活性酸素が作られているのです。

活性酸素が大量に体内で発生しないためには、活性酸素が作られる原因を少しでも減らすしかありません。

どうして呼吸によって活性酸素が生みだされるのか?
そもそも活性酸素とは、人間にとって有害なものなのか?
そのメカニズムを調べてみようと思います。

活性酸素はなぜ発生する?そのメカニズム

活性酸素は、私たちが呼吸をすることでも作られているのです。

私たちは1日500l以上の酸素を体内に取り入れているのですが、取り入れた酸素のうち約2%を活性酸素に変化させているのです。

酸素を取り入れることで、食事から摂取した栄養素を燃焼させ、必要なエネルギーを作り出しているのですが、その過程で活性酸素を作り、体内に侵入したウイルスや細菌を退治しているのです。

より詳しい説明は「老化の原因物質?4大活性酸素について」を参考にしてください。

私たちの体は常に膨大なウイルスや細菌が侵入している状態ですが、活性酸素を含む免疫力によって簡単に病気にならないようになっています。

そのため呼吸によって生み出される活性酸素は、私たちが元気に生活をする上で必要不可欠ということです!

ただ現在私たちの体内には、過剰に活性酸素が取り込まれたり、生み出され続けているので、体年齢の高齢化や病気へのリスクが上昇しているのです。

その原因は、呼吸以外の方法で活性酸素が生みだされることです。
次でその原因を紹介しましょう!

呼吸だけでない!生活習慣に潜む原因

活性酸素が呼吸だけで生み出されるのであれば、人体に大きな影響を与えることはありません。

しかし活性酸素が生みだされる原因は、生活習慣にたくさん潜んでいるんです!

①細菌やウイルス

細菌やウイルスが体内に侵入すると、白血球などの食細胞によって攻撃を受けます。
このとき、外敵を食べて、細胞内で溶かす作業で発生するのが活性酸素です。

外敵を退治するためには、活性酸素は必要不可欠になります。

②化学物質が体内に侵入

排気ガスやハウスダストなど、私たちの身の回りにある化学物質は、強力な酸化物質の塊であり、活性酸素の増加につながります。

化学物質である農薬も、活性酸素増加の原因になりますから、できるだけ無農薬の食品を食べた方がいいといわれるのも、活性酸素が原因なのですね。

③喫煙

タバコに含まれている「ニコチン」や「タール」は有名ですが、ほかに「過酸化水素が含まれている」ことは意外に知られていません。

過酸化水素というのは、活性酸素の1つであり、喫煙という行為自体が活性酸素を体内に補充していることに他ならないのです。

しかも「タール」は肺が有害物質と判断する成分ですから、過酸化水素に加えて活性酸素が生み出されることになります。
よくタバコによって肺がんのリスクが上がるといわれていますが、これは過酸化水素によって、肺にダメージを与えてしまうからです。

④激しいスポーツ

スポーツ自体は、健康維持のために必要なものです。

しかし無酸素運動や激しい運動のあとは、呼吸量が日常生活では2%程度で済むところ、5~8%になり、活性酸素生産量が増加してしまうのです。

また激しい運動によって、筋肉の酸素消費量が増加すると、活性酸素の発生量も増加し、細胞にダメージを与えてしまいます。

そのため、抗酸化作用が衰え始める40歳前後の人が激しい運動をするのは逆に体に悪いというデータもありますよ!

⑤強いストレス

強いストレスを感じると活性酸素が発生します。
これはストレスによって血管が収縮し、血流が悪くなることによって虚血状態になり、血流の再開と同時に大量の活性酸素が発生するからです。

「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」を発症する人がいますが、原因はストレスによって誕生した活性酸素が細胞を傷つけることにあります。

ストレスを感じない生活を送ることはむずかしいですが、強いストレスをすぐに解消できる方法を見つけておくことが重要ですね!

⑥紫外線

女性は特に気になるのではないでしょうか?

最近では季節関係なく日焼け止めを塗って、肌を露出しないように心がけている人も少なくありませんが、皮膚に紫外線が当たると活性酸素が発生するので、対策としては正解です!

紫外線によって発生するメラニン色素は、シミやそばかすを作る原因といわれていますが、実はメラニン色素自体が原因になっているわけではなく、活性酸素によってメラニン色素が酸化させられることで、シミやそばかす、くすみに変化しているのです。

また、肌の弾力や潤いに関係するコラーゲンやエラスチンも、年齢とともに失われてしまいますが、紫外線によって生み出された活性酸素によって変性してしまうことで、表面上の老いとして現れることが分かっています。

ですから外に出るときには、必ず紫外線から皮膚を守ってあげる必要があるのです。

⑦水道水

これは呼吸に続いて意外だと驚いたのですが、水道水に含まれている「トリハロメタン」が活性酸素を発生させてしまいます。

トリハロメタンは、水道水を作る過程の浄化処理で、塩素処理を行うときに発生するのですが、飲料水や料理に使っている人は驚いたのではないでしょうか?

もちろん水道水の基準では、一生飲み続けても問題がないといわれていますが、飲料水くらいはミネラルウォーターに切り替えて摂取を控えるのも一つの案かもしれませんね。

いかがでしょうか?

これ以外にも、インスタント食品や、加工食品に使われている「防腐剤」「食品添加物」によって、体の酸化が促されることもあります。

日常的に利用している、
・テレビ
・電子レンジ
・パソコン
・蛍光灯
など電化製品から流れる電磁波も活性酸素や体の酸化と深い結び付きがあります。

健康な細胞を傷つけることがない範囲で、活性酸素を生み出せる状態が理想ですが、活性酸素が作られるメカニズムを見てみると、日常生活から切り離すのはむずかしいことばかりですね。

細菌やウイルスを撃退するための活性酸素がなぜ体に悪影響を及ぼすのか?

そもそも活性酸素は悪いものではありません

それは「活性酸素はなぜ発生する?そのメカニズム」でも紹介しましたが、健康的に生活をするために必要なものです。

活性酸素は、体内に侵入したウイルスや細菌が侵入すると、免疫細胞が生み出します。

しかし体内に侵入したウイルスや細菌以上に、活性酸素が作られてしまうとどうなるのでしょう?

答えは健康な細胞まで有害であると判定し、攻撃を加えて酸化を促進します。

作られ過ぎた活性酸素は、もともと体内に備わっている抗酸化物質によって消去されるようになっています。
つまり、活性酸素と抗酸化物質のバランスが取れているのが、健康的な肉体である証明ですね。

しかし抗酸化作用は、永遠に作られるものではなく、製造機能がどんどん低下してしまいます。
そのため活性酸素が体内に悪影響を与える状態を、抗酸化作用が完全に防ぐことができなくなってしまうのです。

活性酸素が体内に悪影響を与えないためにも、過剰に活性酸素が生み出される状況を作らない、抗酸化物質を体外から取り入れることができるように生活習慣を見直す必要がありますね。

まとめ~過剰な活性酸素は体を守るより攻撃するほうに傾く~

そもそも活性酸素というものは、生物が生きて呼吸をする限り無限に生み出されるものだということがわかりました。

活性酸素も抗酸化物質の数が充実しているときであれば、体に悪影響を与えるどころか、病気にならないために私たちの体を常に守ってくれていたのです。

しかし抗酸化物質の減少や、生活習慣の乱れ、有害物質の浮遊など、さまざまな要因が重なってしまい、体内で健康な細胞まで傷つけていました。

活性酸素による攻撃を止め、元通り体を守る存在に変えるためにはどうすればいいのでしょう?

それは活性酸素が急増する要因を減少させ、足りなくなった抗酸化物質を補ってあげることにほかなりません。

特にタバコを吸っている人は、今すぐ禁煙をしましょう。

活性酸素が発生する原因の中でも、直接的に活性酸素を取り入れるタバコは有害でしかありません。

そして抗酸化物質を補うために、抗酸化成分である、
ビタミンC
ビタミンB
βカロテン
リコピン
などを積極的に摂りましょう。

野菜、果物、海藻、豆類、きのこなどをバランスよく食べれば、十分体内の抗酸化物質を補うことができますよ!

本来は褒められてしかるべしな活性酸素。

これ以上悪者にしないためにも、私たちの意識改革が大事ですね。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース