AGEs

糖化によって劣化したタンパク質はAGEsと呼ばれ、老化を促進させる原因になっています。
AGEsは分解されにくい物質で、徐々に体の中に溜まっていきます。
蓄積されたAGEsは体内で様々な悪影響を与えてしまいます。
特に美肌を保つ上でAGEsは天敵だと言えるでしょう。

若々しい肌を保つためにはコラーゲンとエラスチンが欠かせません。
皮膚には表皮、真皮、皮下組織という3つの層でできています。
そのうちの真皮の約70%がコラーゲンによって構成されています。

コラーゲンはネットのように編まれることで細胞をつなぐ役割をしています。
エラスチンは伸縮性に優れていて、コラーゲンに絡みついて網目状につなぎとめるのを助ける役目をしています。
このようにコラーゲンとエラスチンが内側からしっかり支えてくれることで、肌のハリと弾力が保たれています。

しかしAGEsが真皮層に蓄積されると、コラーゲンやエラスチンを劣化させて本来の働きをできなくしてしまいます。
その結果、肌の老化が進み、ハリや弾力を失ってしまいます。

体は異物であるAGEsを分解しようとコラゲナーゼやエラスターゼと呼ばれる分解酵素を分泌します。
しかしAGEsは分解されにくい物質なので、分解酵素はAGEsよりも正常なコラーゲンやエラスチンまで分解してしまいます。

老化に代表されるシワやたるみといった症状は、真皮層のコラーゲンやエラスチンが正常に機能しなくなってしまうことで、肌のハリや弾力を保てなくなって引き起こされます。
AGEsが蓄積されることで、こういった老化の症状を促進させてしまいます。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース