コレステロール

いいコレステロールってあるの?善玉コレステロールとは?

善玉コレステロールは、「HDLコレステロール」のことです。
肝臓までコレステロールを運ぶときに、血管内壁に付着して動脈硬化などの原因になるコレステロールを取り除きながら運ぶ「良いコレステロール」です。
動脈硬化を予防して血管内をきれいにする働きがあります。

健康に悪影響を及ぼす悪玉コレステロールと反対の性質を持っているので「善玉コレステロール」と呼ばれています。

この善玉コレステロールは前述したように「動脈硬化」や「心筋梗塞」のリスクを低下させる効果があり、善玉と悪玉のコレステロールバランスは健康にとても重要です。

ところが、このバランスが崩れて悪玉コレステロールの量が多くなると、動脈硬化のリスクを高め、「脂質異常症」という生活習慣病になる可能性もあります。

脂質異常症とは、血液に含まれるコレステロールや中性脂肪の量が増加している病気で、
・血液内の善玉コレステロールの量が少ない場合
・悪玉コレステロールの量が多い場合
・中性脂肪が多い場合
を総称して「脂質異常症」と呼んでいます。

動脈硬化の原因!悪玉コレステロールとは?

悪玉コレステロールは、肝臓から体のすみずみにコレステロールを運んだり、ホルモンや細胞膜を作るのにとても大切な成分です。

悪玉コレステロールは善玉コレステロールが肝臓に運んだコレステロールを血管を通し、体中に戻してしまいます

そのため、何らかの理由で悪玉コレステロールが多すぎると、体の細胞や血液の中にコレステロールが溜まりすぎてしまいます。
そうするとコレステロールを運ぶときに血管を詰まらせ、動脈硬化を引き起こしてしまうため、「悪玉」と呼ばれています。

悪玉コレステロール値が高くなる大きな原因は生活習慣で、
・バランスが取れていない食事
・揚げ物や肉をよく食べる
・飲酒
・たばこなどの嗜好品
・運動不足

など、日々の生活の中に悪玉コレステロール値を上げる原因があります。

そのため善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスはとても重要なのです。

善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすためには?

善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすためには、「食生活の見直し」と「定期的な運動習慣」が必要です。

まず「食生活の見直し」ですが、食生活においては肥満を防ぐために食べ過ぎを抑える必要があります。
肥満や中性脂肪の増加は善玉コレステロール値を低くしてしまいます。

次に運動ですが、有酸素運動がおすすめです。
有酸素運動は善玉コレステロールを増やす効果があり、運動のエネルギーで中性脂肪を消費して善玉コレステロール値を高くすることができます。

この有酸素運動の中でも手軽にできるのはウォーキングです。

ちなみに、喫煙をすると体内に活性酸素を発生させて、悪玉コレステロールの酸化を進めてしまいます。
動脈硬化を悪化させるだけではなく、善玉コレステロールを減らすので、すべての生活習慣病に対して禁煙はとても大切な課題となります。

さらに善玉コレステロールを増やす食品を摂取し、悪玉コレステロールを増やす食品を控えるということも大切です。

飽和脂肪酸を多く含む食品は、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。
・脂肪の多い肉
・乳製品
・バター
・チョコレート
・スナック菓子
・即席麺
などになります。

反対に善玉コレステロールを含む食品は、イカやサザエなどの魚介類になります。
これらは積極的に摂りたいコレステロールということになりますね。

生活習慣を見直して、善玉コレステロールを優位に保つようにしましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース