DHA・EPA

DHAとは、ドコサヘキサエン酸(Docosa Hexaenoic Acid)の略称で青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)で人間の脳や心臓、目や胎盤、卵子や精子などに含まれている必須の脂肪酸(栄養素)です。

DHAには、
・生活習慣病の予防や改善
・メタボリックシンドロームの予防やダイエット効果
・認知症の予防や改善
・学習機能の向上
・視力の回復
・精神面の安定
・ガンの予防や改善
・運動能力の向上
・アレルギーの予防と改善

など、様々な効果があるということでいま最も注目されている健康成分です。

DHAは必須と言われているだけに体には必要不可欠な栄養素なのですが、体内はほとんど作ることができないので外部から食べ物で摂取するしかありません。

脂肪酸の分類

脂肪酸は常温で固まりにくい不飽和脂肪酸と、固まりやすい飽和脂肪酸の2須類に分類されていて、さらに不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸に分類されます。

不飽和脂肪酸(体内ではごく少量しか合成されない)

オメガ3(ω-3)脂肪酸 DHA、EPA、α-リノレン酸(えごま油、亜麻仁油、しそ油など)
オメガ6(ω-6)脂肪酸 レノール酸(紅花油、コーン油、ゴマ油など)、γ-リノレン酸、アラキドン酸

飽和脂肪酸(体内で合成される)

牛脂、ラード、バター、チーズ、卵黄、肉の脂身、オレイン酸、オリーブ油など

この2つの脂肪酸はバランスが重要で、それが崩れるとさまざまな支障が出てしまいます。(理想的なバランスは1:4と言われています)

現代の食生活では、オメガ6の脂肪酸を多く摂ってしまう傾向にあり、生活習慣病の増加や脳機能の低下、アトピーや喘息などのアレルギーを引き起こしている原因だと言われています。

DHAの摂取基準

厚生労働省は、DHA+EPAを1日1,000mg(1mg)以上摂ることが望ましいと、積極的なDHAの摂取を推奨しています。

ちなみにこの量のDHAをクロマグロで摂ろうとすると約9人前以上が必要で、カロリーのことなどを考えるとサプリメントの活用が最も効果的で効率の良い摂取方法と言えます。

サプリメントを効果的に摂取するためには、1日の中で2~3回に分けて摂取すると良いとされています。
DHAやEPAの場合は、空腹時に摂取すると吸収率が悪いとされていますので、食事中か食後に摂ることと、脂分の多い食べ物と一緒に摂取することで吸収率が高くなります。

DHAの優れた効果

血流を改善する効果

DHAには、血管壁の細胞膜を柔らかくする作用と赤血球の細胞膜も柔らかくする作用があります。
そのため、血流が改善され血液をサラサラの状態にすることができるので、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧の予防改善など、生活習慣病の予防や改善に効果があります。

コレステロール、中性脂肪を下げる効果

DHAには、中性脂肪を減らす作用があり、メタボリックシンドロームの予防やダイエット効果が期待できます。
また、善玉(HDL)コレステロールを増やす作用があるため、高脂血症を予防することもできます。

脳の老化予防効果

脳は140億個の神経細胞でできていますが、35歳を過ぎたころから1日約10万個ずつ死滅していき、一度失われた神経細胞は二度と再生することはありません。

この脳の神経細胞の4~5%がDHAでできています。特に海馬のDHAの量が記憶力や学習力に大きく関係しているとされています。

・脳の伝達をスムーズにする効果(物忘れ防止)
DHAには、脳の神経細胞にダメージを与える活性酸素を除去する抗酸化力を高め、炎症性物質のサイトカインの過剰な生成を抑える作用があるため、脳内の細胞を若々しく保ち神経細胞間の情報伝達をスムーズ行うことができます。

・痴呆・認知症・アルツハイマー病の改善効果
DHAには、加齢とともに劣化してしまった脳の神経細胞を修復し、残った神経細胞の働きを活性化させることから、痴呆・認知症・アルツハイマー病の予防や改善効果が期待できます。

・学習機能を向上させる効果
記憶を司る海馬のDHA量を増やすことで、記憶力、判断力、集中力の向上が期待できます。

視力を回復する効果

網膜の脂肪の50~60%にDHAが含まれています。

DHAの摂取は網膜や視神経を柔らかくする効果があり、反射機能が高まり、目の網膜に移す映像をより早く脳に伝達し、正しく正確に映し出すことができるようになります。
近視の改善や集中力の向上、動体視力の改善、未熟児網膜症のリスクを低減する効果が期待できます。

一緒に摂取することで相乗効果を発揮するのが、カロチテイドの一種でカニやエビなどの甲羅に含まれる赤い色素「アスタキサンチン」です。
アスタキサンチンには高い抗酸化作用があり、網膜を守る作用や目の筋肉の緊張を和らげる効果があると言われています。

精神面の安定を維持する効果

DHAには抗ストレス作用があり、鬱や不眠といったストレスが引き起こす諸症状を緩和したり、敵意性や暴力性などといった攻撃的な感情を抑え、突然キレるといった行動を抑制します。

ガンの予防、改善効果

DHAをしっかり摂取できている人はガン発症リスクが低いという研究結果が発表されています。

DHAには、がん細胞を活性化させる物質の発生を抑える働きがあるため、がん細胞の増殖を抑制する効果があります。

また、がん細胞の転移を防ぎ、抗がん剤の効果を増強し副作用を軽減する効果があります。

運動能力を向上する効果

DHAには、細胞を柔らかくする作用があるため、血管や特に赤血球もしなやかになり血流がよくなることで、運動に必要な酸素や栄養素を効率よく運ぶことができるようになります。

また、運動によって発生する乳酸を早く排出することができます。

総合運動障害を持った小児の運動機能改善に効果が期待できます。

アレルギーの改善効果

DHAには抗アレルギー作用があり、アレルギーを引き起こすと言われている化学物質が体内で作られるのを抑制してくれる働きがあります。

喘息、アトピー、花粉症、乾癬(かんせん)などのアレルギー症状の改善に効果が期待できます。

一緒に摂取すると効果が増す相性の良い成分

DHAは酸化しやすいため、抗酸化力の高い成分と一緒に摂ることが効率の良い摂取方法です。
ここでは相乗効果が高く飲み合わせの良い成分を紹介していきます。

EPA

血液の粘土を下げ血栓を作らせない効果が高いEPA。

高脂血症を予防し、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病を予防する効果があります。
サプリメントではDHAとEPAは必ずセットで配合されていますが、それはどちらかだけでは十分な効果を得ることができないためです。

アスタキサンチン

ビタミンEの1,000倍の抗酸化力を持つアスタキサンチン。

一重項酸素と呼ばれる活性酸素を除去する力が強く、肌の美白効果、目の老化予防、善玉(LDL)コレステロールの酸化予防、免疫力の正常化、痴呆症の予防などに効果を発揮します。

ビタミンE

高い抗酸化力で老化や生活習慣病の原因を根本から取り除くことができるビタミンE。

血管を健康に保ち毛細血管の血流を促進、肌荒れの改善と予防、コレステロールを下げるなどの効果があります。

セサミン

活性酸素が発生しやすい肝臓までしっかり届き、そこで活性酸素をしっかり除去することができるセサミン。

高血圧予防、老化予防などに効果を発揮します。

DHAとEPAの違いと効果について

血液サラサラ成分として知られているDHAとEPAですが、それぞれ違ったアプローチの方法で結果的に血液をサラサラにしていきます。

DHA:血管壁の細胞膜を柔らかくし血中コレステロール値を下げる
EPA:血液の粘土を下げる効果が高くで血栓を作らせない

血液をサラサラにするといった点ではEPAの方が効果が高いということになります。

また、DHAは血液脳関門を通過することができ、脳の神経伝達物質に作用し脳を活性化することができますが、EPAは血液脳関門を通過することができないので、記憶力の向上や認知症の予防など脳に関わる効果としてはDHAにしかその力がありません。

ただ、この2つを一緒に摂取することで足りない部分を補い合い、生活習慣病の予防や改善、アレルギーの予防や改善、精神の安定など、様々な症状の改善や健康維持に最大限効果を発揮することができるのです。

こんな人は要注意!

妊娠中、授乳中、乳幼児

EPAが呼吸に影響を及ぼすことがある

高血圧症

DHAに血圧を下げる作用があるため、血圧降下剤を服用している場合は血圧が下がり過ぎてしまうことがある

抗血液凝固剤を服用している

EPAには血小板凝集抑制する作用があるため、出血した際に血が固まりにくなってしまうことがある

以上に該当する方は、医師に相談の上、安全な量の範囲内でサプリメントを摂取するようにしましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース