腸内フローラ

体の健康に強い影響力をもつとして、「腸内フローラ」が注目されていることをご存じですか?

腸内フローラを整えると、健康だけではなく、ダイエットや老化にまで良い効果を発揮するというのです!

しかし腸内フローラ?腸の中のお花畑?言葉だけではよくわかりません。

腸内フローラは私たちの体にどのような影響を与えるのか?
腸内フローラを整えるために必要な条件は何でしょうか?

NHKでも特集!お腹の調子やダイエット効果に関係する腸内フローラの秘密

NHKなど、テレビで特集されたことによって注目された腸内フローラですが、実はその研究は昔から行われていました。

腸内には100兆匹以上の多種多様な最近が住んでいて、それぞれの菌ごとにまとまり、腸内に壁面を作って生息しています。

その様子は、まるで植物が種類ごとに集まっている花畑のような姿と例えられ、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内フローラを形成する細菌は、それぞれ縄張り争いのために盛んに攻撃を繰り返しており、新たに侵入してきた菌を排除しています。
つまり腸内フローラのバランスが整っている状態であれば、病気にならないように防いでくれているのです。

ダイエットの大敵ともいえる便秘も、腸内フローラが関係しています。
腸内フローラの状態をよくするためには、善玉菌を増やす必要があり、善玉菌が増加すれば自然に排便が促されるので体重が自然に減ってくるのです。

腸内フローラが注目された要因として、老化予防効果があります。
腸内細菌によって生み出されるエクオールという物質が、肌の若さを保つのです。
エクオールには更年期にさしかかる女性が悩む、顔の火照りや骨密度の低下を予防する効果も判明しています。

最近の研究では、うつ病治療にも効果があることがわかりました。
腸内フローラは今後ますます研究が進み、健康や美容の分野で私たちに関わってくるでしょう。

腸内フローラが乱れる原因は悪玉菌!!悪玉菌増加で体はどうなるのか?

現代社会では、善玉菌よりも悪玉菌が優勢である人が増えているのです。

もともと生まれたばかりの赤ちゃんの腸内は、善玉菌が99%占めていて、徐々に減少をはじめます。

そしてその後の食生活や加齢によって悪玉菌が増加しはじめるのです。

悪玉菌増加の原因としては、肉類が多い食生活があげられます
肉類は消化がなかなかできないため、腸内で腐敗便となり、悪玉菌の餌となり悪玉菌が住みやすい環境が整ってしまいます。

悪玉菌が優位に立つ状態では腸内フローラは乱れ、便秘や下痢、免疫力の低下による風邪や胃腸炎への感染、発がん性物質の生成など、さまざまな不調の原因になります。

腸内フローラを構成する細菌は、大きく分けて
・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

の3つに分類することができます。

<善玉菌>
消化吸収や病気に対する抵抗力を司る有用菌であり、ビフィズス菌やガゼリ菌などが代表格です。

<悪玉菌>
炎症や発がん性物質を生み出す有害菌で、大腸菌やブドウ球菌、ウエルシュ菌などの腐敗菌が代表格です。

<日和見菌>
あまり聞き馴染みのない日和見菌は、いい働きも悪い働きもしない細菌のことですが、悪玉菌が増加すると有害な作用を起こす場合がある菌の総称です。

腸内フローラが効果を最大発揮するためには、善玉菌が郵政でなくればいけませんが、食の欧米化が進む現代社会では善玉菌を増やす食事を積極的に摂る意識が大事です。

善玉菌を増やそう!腸内フローラ改善のために必要なこと!

腸内フローラのバランスを整えるためには、腸内細菌の中で善玉菌を優位に立たせる必要があります
そのためにも、まず腸内の善玉菌の活性化を促しましょう。
・善玉菌を多く含んでいる食品を食べること
・善玉菌の餌になる食材を食べること

が重要です。

善玉菌を多く含む食品といえば、ヨーグルトやチーズが代表的ですね。
しかし善玉菌を含む食品はそれだけではありません。

日本人が昔から食べていたぬか漬けや、納豆などの発酵食品にも豊富に含まれています
味噌や低温殺菌牛乳にも含まれていますから、これらの食品を継続的に取り入れることで善玉菌を腸内に増やすことができます。

特におすすめしたい食品は納豆
納豆に含まれる納豆菌には乳酸菌を増やす効果と悪玉菌を減少させる効果がありますから、腸内フローラ改善に最適な食品といえるでしょう。

しかし善玉菌を取り入れるだけでは善玉菌を優位に立たせることはむずかしいのです。
善玉菌が腸内で活性化するように、栄養を与えて善玉菌を増やしてあげる必要があります。

善玉菌の餌になるのはオリゴ糖や食物繊維です。
オリゴ糖は、
・バナナ
・大豆
・玉ねぎ
・ごぼう
・はちみつ

などに多く含まれ、食物繊維は、
・海藻類
・豆類
・キノコ類
・野菜類

などの食物性食品に多く含まれています。

オリゴ糖と食物繊維をたくさん摂るのであれば、根野菜がたくさん入った野菜スープがおすすめです。
特に冬場は食物繊維が多い野菜が旬を迎えますし、体温を上げることで代謝がアップしますから、善玉菌を増やす絶好のチャンスですね。

まとめ~体の健康は腸内フローラで決まる!サプリメントも活用して腸内フローラのバランスを整えよう!~

腸内フローラのバランスを整えるためには、善玉菌を優位に立たせる必要があることはわかりましたが、悪玉菌が増加する環境が整っているため、なかなか実現するのはむずかしいです。

しかも悪玉菌増加の原因は食生活にもありますが、ストレスも悪玉菌を増加させてしまうからです。

人はストレスが溜まると自律神経が乱れてしまい、胃酸の分泌が抑制され消化不良が起こります。
すると腸内に腐敗物が蓄積されるので、悪玉菌が住みやすい環境になってしまいます。

善玉菌を増やすための食生活だけではなく、ストレスを発散するために趣味をもち、気持ちをリラックスできる時間を持ちましょう。

また腸内フローラを整えるのであれば、サプリメントの活用もおすすめです。
善玉菌である乳酸菌などは胃酸に弱い側面があるため、腸内に届けることが困難ですが、サプリメントの形状であれば腸内に善玉菌を届けることが可能であるため、腸内フローラのバランスを整えることができます。

腸内フローラがまさに花のように咲き誇ることで、人は身も心も美しくなれます。

あなたも腸内フローラを整えて、体にきれいな花をさかせましょう!

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース