ポリフェノール

ポリフェノールは植物に存在する成分です。
植物が紫外線やウイルスなどの外的から実を守るために作りだした成分のことを指します。

色素やアク、苦味、渋みの総称で、5,000種類以上のポリフェノールが存在しています。

大きく2つに分類することができ、
・【フラボノイド系】・・・色素でできている
・【フェノール酸系】・・・色素以外

その中でさらに細分化されます。

ちなみにすべてのポリフェノールに共通なのが、活性酸素を除去する強い「抗酸化作用」です。

活性酸素は常に体内で作られていて、酸化させる力が非常に強く、本来細菌などの外敵を攻撃します。
しかし、外食やストレスなどで活性酸素が増えすぎると、健康な細胞も酸化させるようになり、動脈硬化や生活習慣病の原因になるのです。

そこで増えすぎた活性酸素を抑えるために、強力な抗酸化作用がある「ポリフェノール」を摂取することで動脈硬化や生活習慣病、ガンの予防に繋がります。

その他の健康効果は、ポリフェノールの種類によって異なります。

【フラボノイド系】

植物色素の一群で、一般に赤や黄色色素として知られていますが、無色のものもあります。
植物の葉、茎、幹などに含まれ、ポリフェノールのうち、4,000種類以上がフラボノイド系になります。

フラボノイドは構造の違いによって、

・フラボノール類

・クエルシトリン
・テポニン
・ルチン
・モリン
など

・フラボン類

・クリシン
・ルテオリン
・タンゲレチン
など

・カテキン類

・カテキン
・ガロカテキン
・カテキンガレート
など

・フラバノン類

・ヘスペリジン(ビタミンP)
・ナリンゲニン

・アントシアニン類

・アントシアニン
・プロアントシアニジン
・ペオニジン
・ルテオニジン
など

・イソフラボン類

・イソフラボン
・ダイゼイン
・グリシチン
など

・クルクミノイド類

・クルクミン
・ジメトキシクルクミン
・ビスジメトキシクルクミン

などにわけられます。

【フェノール酸系】

フェノール酸は、色素以外でできた成分のポリフェノールです。

代表的な成分には、
・リグナン類
・ジケトン類
・エラグ酸
・クロロゲン酸
・クマリン

などがあります。

アントシアニン

500種類以上発見されているアントシアニンは、フラボノイド系のアントシアニン類に分類され、赤~紫~青色を呈する水溶性の色素成分です。

アントシアニンは単独でも効果がありますが、「ルテイン」や「ヒアルロン酸」と組み合わせることで相乗効果を発揮します。

アントシアニンは長時間加熱したり、長期間の保存に弱い特徴があります。

<効果・効能>
・眼精疲労の予防、改善
眼精疲労や視力低下の予防や改善の効果があります。

・アレルギー緩和
ヒスタミン抑制効果あるので、花粉症などのアレルギーを和らげる効果があります。

<含まれる食べ物>
ブルーベリー(特にビルベリー)
ナス
ぶどう
いちご
カシス
黒豆
紫キャベツ
など

カテキン

カテキンは緑茶に多く含まれる成分で、フラボノイド系のカテキン類に分類されます。

抗酸化力の強いビタミンEと比べると、カテキンの活性酸素除去力はなんと約20倍にもなります。
緑茶の場合だとビタミンCやカフェインによって抗酸化作用はさらに強まります。

<効果・効能>
・ダイエット
体に蓄えられた脂肪をエネルギーとして使いやすい形に変えてくれ、その状態で運動すると脂肪が消費されるためダイエットに最適です。

・二日酔い改善
二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解するとともに、利尿効果によって体内の新陳代謝を早め、アルコールを体外に出します。

・抗菌作用
カテキンは細菌の細胞膜に取り付いて増殖を抑制したり、破壊をするため抗菌作用が期待できます。

<含まれる食べ物>
緑茶
ワイン
渋柿
いちご
ブルーベリー
りんご
など

ケルセチン

活性酸素を取り除くビタミンPの一種で、フラボノイド系のフラボノール類に分類されます。

ケルセチンはりんご、玉ねぎなどに含まれる黄色い色素を持っており、昔から染料の元として使われてきました。
特に玉ねぎの皮に多く含まれていて、主にビタミンCの働きを助けます。

<効果・効能>
・動脈硬化予防
ケルセチンは赤血球の働きを活発にするので、酸素を体のすみずみまで運び、柔軟性を保つので動脈硬化予防になります。

・生活習慣病予防
ケルセチンの働きで血管や血液が健康であれば、コレステロールや血糖値の上昇も抑えられるため、生活習慣病の予防にもなります。

<含まれる食べ物>
玉ねぎ(特に皮)
りんご
そば
柑橘類

イソフラボン

フラボノイド系のイソフラボン類に分類され、体内で女性ホルモンの「エストロゲン」のような働きをします。

ただし女性ホルモンと似た働きがあるので、妊娠中、授乳中、ホルモン剤や抗ガン剤を服用している方は摂取量に注意が必要です。

<効果・効能>
・更年期障害の緩和
イソフラボンがエストロゲンと似た働きをして補うことで、更年期障害の症状にあたる、のぼせやむくみを緩和することができます。

・骨粗しょう症予防
イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きがあり、骨粗しょう症の予防が期待できます。

<含まれる食べ物>
大豆
納豆
豆腐
味噌
豆乳
醤油
きなこ

レスベラトロール

レスベラトロールは、赤ワインに多く含まれるフラボノイド系の一つです。

レスベラトロールは二つに分けることができ、
トランス型・・・安定した分子構造
シス型・・・太陽光や熱、酸化などによって不安定な状態の分子構造
があります。

<効果・効能>
・シワ、たるみの改善
レスベラトロールは強い抗酸化力があり、表皮細胞の生まれ変わりを活発にするので、たるみやしわの改善が期待できます。

・美肌効果
レスベラトロールは染色体の寿命を延ばし、細胞の老化を阻止します。

<含まれる食べ物>
赤ワイン
ぶどうの果皮
ピーナッツの皮
ココア

クルクミン

クルクミンはウコンの主成分で、黄色の天然色素です。
肝臓の解毒機能を高める作用と胆汁の分泌を促す作用があるため、肝機能を高めることができます。

<効果・効能>
・二日酔い予防
クルクミンを摂取することで胆汁酸の分泌が促進され、アセトアルデヒドの代謝が活発になるので二日酔いの予防になります。

・コレステロール値の低減
胆汁は脂質の消化吸収に欠かせないので、クルクミンを摂取することで胆汁酸の分泌が促され、コレステロールを減らす効果が期待できます。

<含まれる食べ物>
ウコン
カレー(ターメリック)

ショウガオール

ショウガオールは、生姜に含まれる主成分で、辛味成分の一つです。

ジンゲロールが手足などの末端を温めるのに対し、ショウガオールは身体の中心から温めるので、身体全体を温めます。

<効果・効能>
・冷え症改善
胃腸を内側から刺激して活発に動くようにすることで、血流を高め、体の内側に熱を作り出し冷え症を改善します。

<含まれる食べ物>
生姜

ヘスペリジン(ビタミンP)

ヘスペリジンはビタミンPとも呼ばれており、フラボノイド系のフラバノン類に分類されます。
柑橘類に多く含まれ、特に青みかんの皮やすじに多いです。

水に溶けにくい性質があり、熱に弱いビタミンCを壊れにくくし、ビタミンCの吸収を高めます。

<効果・効能>
・血流改善
ヘスペリジンを摂取することで、ビタミンCの働きが活発になり、コラーゲンの生成を促進できるので、末梢血管を強化し血流を改善する効果が期待できます。

・冷え性改善
ヘスペリジンは末梢血管を強化をする働きがあり、血流が改善されることで体温が上がります。

<含まれる食べ物>
青みかん
みかん
レモン
さくらんぼ
など

タンニン

タンニンはお茶や赤ワインの渋味成分で、性質に対して付けられた名前です。
フラボノイド系のカテキン類に多いです。

タンニンには収れん作用があります。
収れん作用の「収れん」とは縮むという意味で、組織や血管を引き締めることです。

<効果・効能>
・肌を引き締める
タンニンの収れん作用によって、組織や血管を縮めるので毛穴の開きを引き締めることができます。

・下痢改善
タンニンを摂取することで、腸の粘膜を刺激し、引きしめる収れん作用が起こることで下痢の改善につながります。

<含まれる食べ物>


赤ワイン

など

ルチン(ビタミンP)

ルチンはヘスペリジン同様ビタミンPと呼ばれており、フラボノイド系のフラボノール類に分類されます。

そばに多く含まれ、出血性疾患や生活習慣病、動脈硬化などの予防に効果が期待できます。
そば湯にはルチンが溶け出しているため、そば湯まで飲むことがおすすめです。

<効果・効能>
・出血性疾患の予防
ルチンは血小板の凝固作用を阻害し、血流をスムーズにする働きがあります。
また、ビタミンCとの相乗効果で毛細血管を強化、そしてしなやかにすることで、脳溢血(のういっけつ)や脳梗塞など出血性疾患の予防ができます。

・糖尿病予防
ルチンは抗酸化作用が強いため、波及効果ですい臓の働きを促進し、インスリンの分泌を促し安定させる作用があり、糖尿病予防に効果が期待できます。

<含まれる食べ物>
そば
いちじく
アスパラガス
オレンジ
グレープフルーツ
レモン
など

セサミン

ごまに含まれる抗酸化物質「ゴマリグナン」の中でも、一番多く含まれている成分がセサミンになります。
ただし一番多く含まれるとはいえ、ゴマ一粒に1%未満と貴重な成分です。

セサミンはフェノール酸系のリグナン類に分類されます。

<効果・効能>
・肝機能を高める
アルコールを分解する酵素の働きを促進する効果があり、二日酔いを防ぎ、さらに肝臓にかかる負担を減らすことができます。

・がん予防
セサミンは抗酸化力が強く、さらに肝機能を高めることができるので、がん細胞の増殖を抑制する効果が期待できます。

<含まれる食べ物>
ごま

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース