高濃度茶カテキンのヘルシア緑茶は副作用に注意!トクホでも危険性あり!?

脂肪燃焼してくれるヘルシアに茶カテキンという成分が含まれています。
飲んだ後には運動をしないと燃焼効果も薄くなるので健康のためにも運動が必要ですね。

体に良いと思ってもカフェインも多く含まれているので飲みすぎには注意しましょう。
胃潰瘍になりやすくなってしまいます。

日本では大丈夫ですが海外では販売禁止になっている国もあるヘルシアですが、そのヘルシアに含まれている茶カテキンをもう少し詳しく見てみましょう。

高濃度茶カテキンのヘルシア!普通のお茶との違いは?

ダイエットトクホの商品で高濃度緑茶カテキンのヘルシアがあります。
キーワードは「脂肪を燃焼しやすくする」です。

しくみは消化されて肝臓に到着した脂肪と、もともと蓄積された脂肪をエネルギーに変え体内にある「β酸化関連酵素」を有効成分の「茶カテキン」が活性化させる働きで「脂肪燃焼」→「エネルギーに変換しやすくなる」というものになるのです。

飲んだ後は運動しないと蓄積された脂肪がエネルギーに変換されず燃焼効果が薄くなるので、飲む場合は1日の運動を始める前の早い時間に飲む事がおすすめです。
効果を最大限に発揮できます。

ヘルシアには数種類あり渋い味わいや、渋味が苦手な方のために、まろやかな種類、果汁炭酸飲料もあるのです。
「高濃度茶カテキンのヘルシア」と普通のお茶の違いは茶カテキンの量が違います。

ヘルシア緑茶は茶カテキンが1本350mlに540mg含まれていますが、普通のお茶一杯で、およそ100mgの茶カテキンが含まれています。

・「お~いお茶濃い味」→1本500mlにつき茶カテキン80mg
・「伊右衛門濃いめ」→1本500mlにつき茶カテキン370mg

見て分かりますようにヘルシアと比べると少なく思いますよね。

ヘルシアを1日1本を3ヶ月飲み続けてお腹まわりの脂肪が落ちたという結果も出ているのです。

お腹まわりの脂肪を落とすメタボ対策サプリメントランキングはこちら>>

カフェインも高濃度?ヘルシアに含まれる胃腸を荒らす成分は?

「トクホ」は審査で「安全性」「効果」が認められて許可を受けると製品にトクホのマークや効果の表示が認められるのです。

1000品以上あるうちの1つが「ヘルシア」でポリフェノールの一種の「カテキン」によりダイエット効果があると紹介されています。

実は茶カテキンの濃度が高くコーヒー1杯分80mgのカフェインが含まれています。
「レッドブル」というエナジードリンクにも1本80mgのカフェインが含まれているのです。
80mgという数値は「胃」「腸」に負担を与えてしまいます。
毎日飲むと胃潰瘍になる可能性があるので1週間に1本、2本飲むようにしましょう。

ヘルシアには、通常の緑茶に比べるとカテキンの量が4倍から5倍含まれていますが、でもその分カフェインも高濃度なものが含まれているのです。

メタボ対策サプリランキング>>
中性脂肪とコレステロール値が高い人は要注意!メタボリックシンドロームの早期対策と予防法>>

海外では販売禁止の国も!肝機能への影響とは?

ヘルシアには、カテキンが多く含まれているのでヘルシアを飲むと脂肪の代謝を促すという事で国に認可されています。
カテキンも高濃度ですが、その分カフェインも高濃度なのです。

フランスやスペインでは発売禁止になっています。

ヘルシアに含まれているカテキンは540mgで、フランスやスペインでは同じ種類、同じ量のカテキンが含まれているサプリメントが販売されていました。
販売されて4年程でサプリメントの副作用で肝障害の報告が13件あったのです。
使用を中止すると改善した方もいたのですが1件だけ脳症を起こし昏睡状態になり、肝臓移植をしなければならないという例もあったのです。

この事がきっかけで、サプリメントの販売を禁止し同じ種類で同じくらいの茶カテキンの量が含まれているヘルシアも販売禁止になったのです。

なぜ日本ではこのような事が起こらないかというと、日本は昔から緑茶を飲む習慣があります。
ヘルシアの1日の摂取量の目安は、普通の緑茶の1Lから1.4L程なのです。
このくらいの量だと毎日摂取してる方も多いのではないでしょうか。

ヘルシアが販売されて年月がすごく経っていますが3年以上飲み続けている方も多いと思います。
でも日本では茶カテキンによる肝障害や健康被害はないのです。

茶カテキンの量が同じでも「緑茶」と化学物質を使用している「サプリメント」では大きく違います。
抽出時に使用する物質が違うのです。

ヘルシアは薬ではないですが、空腹時などに飲むと胃が荒れる原因にもなるので1日に飲む量をきちんと守る事が大事ですね。

メタボ対策サプリランキング>>
中性脂肪とコレステロール値が高い人は要注意!メタボリックシンドロームの早期対策と予防法>>

まとめ~日本では有名なトクホの商品であるヘルシアも飲む量には注意しよう~

脂肪を燃やしてくれるヘルシアは、渋味がありますがお茶が好きな方には飲みやすいかもしれません。

苦手な方のためにも、いろいろな種類があるので嬉しいですね。

海外では販売禁止の国もありますが、日本ではトクホの商品として有名で飲み続けている方も多いと思いますが飲む量には気をつけるようにして、健康維持を目指してみましょう。

メタボ対策サプリランキング>>
中性脂肪とコレステロール値が高い人は要注意!メタボリックシンドロームの早期対策と予防法>>

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース