グルコン酸

ブドウ糖(グルコース)の酸化生成物であり、天然系の有機酸です。グルコノラクトンという物質を水に溶かすことにより発生し、逆にグルコン酸を脱水・乾燥することによりグルコノラクトンが作られます。これら2 つの物質は、水を通じて行き来できるという、不思議な関係となっています。

グルコン酸は、ビフィズス菌を増やす作用がある唯一の有機酸です。善玉菌であるビフィズス菌と一緒に摂取することで、人体によいさまざまな効果を得ることができます。

また有害物質を包み込み除去するキレート作用も有しており、重金属の排出に効果的です。

グルコン酸の効果・効能

ビフィズス菌を増加させ腸内環境を整える
研究により、グルコン酸にはオリゴ糖と同様にビフィズス菌を増やす作用があると分かっています。大部分が腸まで届くため、腸内環境を整える効果が期待できます。
免疫力の向上
腸内で善玉菌が増えることにより、腸内フローラが改善します。グルコン酸は善玉菌のエサとなるため、継続的な摂取により免疫力のさらなる向上が期待できます。

相乗効果がある成分

グルコン酸を含む食べ物
大豆
はちみつ
ワイン
しいたけ

味噌
1日に必要な摂取量(男性)
120g
1日に必要な摂取量(女性)
120g

グルコン酸の副作用

過剰摂取により胃腸の不調が現れることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース