グルコサミン

代表的なアミノ糖といえるグルコサミンは、ヒトを含む動物の皮膚や軟骨、カニ・エビの殻などに含まれる糖の一種で、グルコースにアミノ基 (-NH2) が付いたものです。

工学的に、カニやエビなどの甲殻類から採取するキチンを塩酸などで分解したものとしてつくられます。

グルコサミンは通常は体内で生成され「N-アセチルグルコサミン」という形で新しい軟骨の生成を促進します。

変形関節症の進行を食い止め、快方に向かわせる効果があります。即効性はなく、継続して摂取することで効果を感じられるようになります。

グルコサミンの効果・効能

関節の痛みを改善する作用
人間の関節をつなぐ軟骨は、年齢と共に劣化していきます。グルコサミンを摂取することで劣化を防ぎ、骨関節炎の痛みを改善する効果が期待できます。
美肌効果
グルコサミンは関節だけでなく、皮膚にもよい作用をおよぼします。お肌の水分量を高め、うるおいを保つ効果があります。

相乗効果がある成分

グルコサミンを含む食べ物
カニ
エビ
動物の軟骨
うなぎ
キノコ類
オクラ
山芋
1日に必要な摂取量(男女共通)
1000~1200mg

グルコサミンの副作用

過剰摂取により腹痛や下痢などの症状が起こることがあります。またグルコサミンは糖の一種のため、糖尿病などの持病がある人は医師に相談しましょう。さらには血液凝固阻止剤との併用に関しても、医師に確認が必要です。

グルコサミンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース